2018年04月

フェンス沿いの場所は、日当たりもよくて、水はけも良い。ま、その分風も強いのであるが、この地が合うものにとっては最適なようで、野バラも、ソンブレイユも、新雪もよく茂ってきた。

DSCN7902 (640x480)

こちらは野バラ。薫らないと思っていたが、これだけ咲くと、少し匂うような気もする。

DSCN7904 (640x472)

こちらはソンブレイユ

DSCN7909 (640x470)

新雪も広がってきた。

フェンス沿いなので、院内方向に広がる枝、道路側に広がる枝が出る。どれもバラのなので、棘がある。となると、そろそろ出てきた側枝を選定する必要があるような気がしてきた。万一患者様や、通行中の方に迷惑をかけるわけにはいかない。

ということはこの週末というか、GWはバラの選定かな、と。で余力があれば、接ぎ木に挑戦、というところであろうか。でもせっかくのこの時期、どこかのバラ園に行きたいものである。今日は水曜、幸いお産の患者もいないし、とちょっと考えている。阿蘇・水俣はちょっと短時間では無理かな、となると農業公園あたり、と狙っている。
午後に何もないことを願っているが・・・。

この時期、燕の巣作りが始まった。まだ生まれていないような気もするが、生まれているかもしれない。

DSCN7922 (640x480)


また、玄関わきのヤマボウシの中に出入りする鳩の姿も昨日見かけた。例年ヤマボウシの中に巣作りをするようで、冬になると葉っぱの落ちたヤマボウシのなかに、巣であったと思われる個所が何か所が見つかる。


しかし、ヤマボウシは木が小さいこともあり、梅雨時の大雨で巣が流されることが多く、この地のヤマボウシで子育てがうまくいっているのであろうか、と毎年思うばかりである。今年は、巣も、卵も、幼鳥も落ちなければいいが・・・。

DSCN7923 (640x480)



ヤマボウシの花も咲き始めた。厳密にいえば、花ではないと聞いたような気もする。太陽に向かって開く4枚からなるふわっとした帽子である。確かハナミズキ科と聞いたような気がするが、ハナミズキよりこちらのほうが好みである。


ただし、熊本は暑いので、この地ではあまりふさわしくない。なので熊本の盛夏を迎えると、早くも葉っぱが落ち始める。私にできることは散水くらいである。

好天が続き、バラも各種咲くようになった。念願のビロード調のバラも、一輪咲いた。

DSCN7907 (640x480)

オレンジ、白、黄色と続きそうである。

また芝の雑草も目立ってきた。先日カヤの根っこを抜くために、2m四方を作業したが、他にしたいこともあったので、今回は業者の方にお願いした。おかげで、すっきりした。

そこで、私はフェンス沿いにこのように先日の苗を植えた。

DSCN7931 (640x480)

構想では、まだバラに覆われていないフェンスを利用して、この植物が広がり、夏には収穫の予定であるが、どうなることやら・・。

それから冬を越した日日草をうえて、ちょっとお手入れをして、と。この時期、植物の変化は早い。そういえば、ヤマボウシも咲き始めたし、紫蘭も盛りだし。園芸作業にはきりがない。

ただ、私の体は、少し睡眠不足。(日曜の未明と早朝にお産があったし、も一例待機者もいる)なので、今日はここまで。GWの連休は園芸三昧となるかな。



待ちに待った、週末である。今週も天気が良さそうである。芝刈りを使用かどうか、悩んでいたが、日曜日に専門の方に頼んだので、芝刈りはしなくていい。ということで、これを植える予定である。

DSCN7897 (640x480)

最近、タキイの通販をよく利用する。ビオラ、ミニ盆栽、そしてこの種と。発芽してきた。この週末にフェンス沿いに植えて、夏場に収穫できたらいいな、と思っているが。

ま、こうしたものは、様々な失敗を伴うものであるので、まそれはそれとして、と。

そういえば種まきはほかの場所にもしたのであった。あちらはどうなったかと気にもなる。それも今週に確認してみよう。

週末あまり忙しくないといいけれど、こればっかりはわからない。ま、いつものように、出たとこ勝負、あるいはなるがように、と。その中で時間があれば、あれこれ、と。なければそれはそれで、と。とはいえ、今日は土曜日。夕方のハッピータイムの用意にそろそろ買い出しに行かねばならない。

戸島、小山界隈を散策すると、(私の場合自転車で移動すると)、雑木林の中や、道すがらに白い花、黄色や赤の果実を見つけることが多い。白い花の一つはこのバラである。木いちごやイチジクその他の果実類を見かける。これらの自生種は、種が広がり、あるいは実が鳥や獣?に食べられ広がっていくのであろうと、予測される。

最近この界隈は、そうした雑木林が整地され、宅地化しつつある。先日見た狸にしても、チョウゲンポウにしても、すみかが狭くなることであろうと思うけれど、これは今の私にはどうこうできることではないので・・・。申し訳ない、と手を合わせるのみである。いつの日かしっぺ返しが来ないことを願うばかりである。

さて、そうした宅地開発の聖地予定地に、自生しているバラが道ばたにあったので、ちょっといただいた。で、当院のフェンスに沿いに植えた。元気な植生で、これはすぐ広がりそうな感じである。これは自生種なので、咲くのはたぶんこの時期だけである。今から夏場まで順次咲くのではと思う。

DSCN7891 (640x480)

白く、清楚な感じである。香りはよくわからない。

DSCN7890 (640x480)

たぶん花が咲いて、実がなって、その実が落ちて広がっていくのでは、という気がするけれど・・・。

一方院内に咲いているバラは、ほとんどが四季咲きであるので、たぶん今から秋まで咲き続けることであろう。現時点では、まだ白しか咲いていない。ソンブレイユが3輪ほど。

赤は、1本枯れた。でもまだ4本あり、これらの赤をまだきれいにお目にかかったことがない。どのような赤が咲くのか、そして、四季咲とはいえ、どのように咲くのかな、と。

できれば、今からのバラの時期に、どこそこのバラ園に行ってみたいけれど、人込みは苦手だしな、と。


↑このページのトップヘ