2018年11月

11月23日、好天。横風も強くない。そうした環境の下で、朝早くから、クリニック前の道路には25トンのクレーンが鎮座した。片側2車線の道路を、1車線閉鎖する形となり、朝9時から12時くらいまで制限が続きました。その間の御通行中の車や歩行者の方にはご迷惑をおかけいたしました。誠に有難うございました。おかげさまで、無事に空調機械の搬出と搬入が済みました。

朝、好天、これはいいと洗濯をして、布団を干して、でふと見ると、この様な風景が。

DSCN0611 (1280x960)

なんでこんなところにクレーンが?てっきり前川開拓団の工事かな、と思って、よくみたら、当院の分でした。

DSCN0612 (1280x960)

よくみると、交通制限で、西側はクリニックの手前で、1車線となっています。

DSCN0614 (1280x960)

幸い、まだ早い時間で、祭日ということもあり、大きな渋滞の原因とはまだなっていません。

DSCN0613 (1280x960)

これは搬出された室外機5台。

このかわりに新しい大きな室外機が6台、そして小さな室外機が3台、このクレーンで運び込まれました。

DSCN0617 (1280x960)
DSCN0623 (1280x960)

午前中かかって、ようやく搬入完了。午後から取り付けとなります。

一方、待合室は、天井のクロス張り。そのためクリニックの受付周りは、空調が入らず、換気のため開放されたドアの都合で、少し寒いくらい。そして空調による暖房は不可のため、電気ストーブを利用しました。

24日も引き続き、装置の固定、室内機の装着、溶媒注入とすすみ、25日が試運転となります。試運転は強制冷房なので、その間はまた寒い。そして26日からは作動の予定ですが・・・

23日通行中の方にご迷惑をおかけいたしました。ご協力ありがとうございました。天候恵まれ(雨風があれば搬入中止でしたから)、無事済みました。

11月23日祭日、11月24日土曜日で週休2日制なら休み、11月25日は日曜日で休み、ということで、巷では3連休である。本来なら、当院はそういう中で、11月24日は土曜日通常通りの診療の予定であった。しかし、現在の空調工事にともなう諸事情で、11月24日は休診にせざるを得なくなった。なので、当院もはからずも3連休となった。

DSCN0598 (1280x862)

11月23日にはこの外来の天井のクロス張り、空調機器と照明の再設置が始まる。

DSCN0599 (1280x958)

11月21日水曜日にこの姿となり、11月22日は仕方がないので、このスタイルのまま診療させていただきました。ご来院の方にはお見苦し姿をお見せして申し訳ありません。また夕方には照明が足りず、少し薄暗くなり、さらに空調も使えないため、さらに申し訳ないことしきりです。

今日から3日間で、この待合室をふくめた空調機器の設置、クロス張り、照明の再設置をおこない、空調機器の試運転を25,26日に予定し、26日から通常通りのスタイルとなり、当院の全空調が従来通りに使用できるはずですが・・・。

また、厨房も空調工事の入替工事が23日に予定しています。そのため、厨房が23日の午前中に利用できない状態となります。午後より復帰であり、夕食から通常のスタイルとなります。昼食のみお弁当とさせていただきます。

今回の空調工事により、一部の場所では、従来の空調機器より能力が向上することとなり、厨房や分娩室・新生児室などでの温度管理がより一層向上することが期待されます。しかし、その能力が発揮されるのは、きちんと設置されてからの話で、そのすべてはこの3日間にかかっています。

待合室が使えないこの3日間、通常の診療が行えません。(待合室が使えないことと、工事関係の機器の搬入のため。)しかし、2階は通常度お乗りの状態ですので、急患や分娩への対応は通常通り2階で行います。

DSCN0605 (1280x959)

ここ数日幸いにお産が少なかったので、工事も予定通りはかどりました。そしてお産が少なかったおかげで、私も十分に急用ができ、その間、私個人の目的(私自身の部屋の再整備)も少し達することができました。いよいよあとはウィンドウズ10への移行ですが、肝心のインストール用のUSBが手に入るのが、27日となったので、もうしばらくお預け。その間に、他にたまったことを、と思っています。ということは、この3連休という中で、園芸作業もできるかな、と。そろそろ冬のお手入れもしなくては、と。

サイドウエイという映画が数年前にあって、確かリメイクで日本版も作られたようなきがする。結婚前の男性が、友人と独身最後の旅行でワイナリーをめぐるというものであったと思う。(結末がどうなったか、忘れたけれど)

その映画の影響か、いつか私もこのようなワイナリーに行って、試飲して、そこら辺で飲んだくれて、というものにあこがれていた。でも、現実は飲酒運転が不可である以上、そのワイナリーに料理と宿泊施設がない限り不可となる。なので、そうした条件を備えたワイナリーを探すことにした。

DSCN0545 (1280x943) - コピー


でも、考えてみれば、これは酒でも、ウィスキーでも同じである。要は、酒造りの現場で、そうした雰囲気を味わいながら、その地の酒と料理を楽しめれば、ということである。しかし、そうなると、これは酒造りというより、お客が来ることでの前提とした施設ということになり、本格的な酒造りとは少し矛盾するかもしれない。ということは、私のワイナリーに抱く夢は、妄想かもしれない。

とはいいつつも、やはり私の中では、いつの日かそうした施設を巡りたい、という思いがある。いつの日か、院長を退いた時、勝手気ままな一人旅で、どこそこの酒蔵を尋ねて、そこで酒蔵を見て、酒を飲んで、それがチリやオーストラリアやアメリカ西海岸で、あるいは南アメリカ、ジョージア、ヨローッパ、中国各地のワイン蔵を巡りたいな、と。

そう思っていたら、先日富山から新潟の小さなワイナリーと旅館を巡るツアーの話を目にとめた。ということは探せば日本にもいろいろあるかもしれない。それに山崎と余市にもいつか行ってみたい、という思いもある。

DSCN0547 (1280x959)

DSCN0546 (1280x959)

さて、写真は1週間前に訪れた菊鹿ワイナリーを囲む周辺の山々である。1枚目は不動岩かなとも思うが・・。

DSCN0536 (1280x959)

ワイナリーの中にある畑はこのように明示されていたが、木はまだ細い。

DSCN0537 (1280x943)

周辺を見渡しても、葡萄畑は見つけられなかった。私の考えていたワイナリーとはちょっと思惑が違った、というのが正直なところである。今後の発展に期待したい。そして私にとって都合のよさそうなワイナリーあるいは酒蔵を探してみよう、と。

私は開業以来、院長として医師としての診療に従事するのは当たり前のことであるけれど、その他の雑務も並行して行った来た。これは小規模事業主であれば当然直面することであり、クリニックの様々な補修、電球交換などから、スタッフの勤怠、そして会計業務と種々雑多な業務を診療の合間に行ってきた。


開業以来続けてきたことであり、そのなかでスタッフに委託できることは委託してきた。しかし、スタッフには時に変更もあるし、面倒な手続きは、私も教えるのが面倒なので、その結果として私しかできないことがいくつか残っている。クリニックの植栽や園芸作業は、半分私の趣味のようなものなので、これは苦にならない。


苦になるのは、私もよく理解していなくて、でも私しかできなくて、作業に時間がかかり、そして失敗すれば、とんでもない事態の連鎖にあたるというやつである。

DSCN0592 (1280x959)


その一つが、クリニックの施設内の電球交換。今回ようやくペンダントは交換できたけれど、まだ交換すべきLEDが1か所あって、その電球の補充もままならず、頭を痛めている。

次の課題が、会計業務である。本来好きではないけれど、これは毎日しないと溜まっていくだけで、たまっていくと面倒になる。TKCというところのFX2という会計ソフトを日々入力している。ただ、この会計業務には一つだけ利点があって、それは会計業務をすることで、この最低限の経営状況はよくわかる。複雑なことは難しいけれど、さしあたり倒産の可能性はないことは理解できる。

次に各種の給与計算、それに伴う税金の支払い業務。ここからが少し面倒になる。住民税、所得税、法人税、消費税などの納付義務の遂行が結構面倒で、どこかでトラブルと・・・・。時に延滞金も含めた督促状なるものが届くことがあって、その原因は私が税金を払ったつもりになっていた、とういことが多い。固定資産税や社会保険料などは口座引き落としなのでその点はありがたい。e-taxを使って税金を申請し、インタネットバンキングで支払うのは、結構面倒である。

開業以来手痛い目に合っているのが、給与の支払いである。営業日3日前までに当院のメインバンクである○○銀行に給与支払い者の一覧を送って、給与支給日に支払いとなる。その際に、給与支払いの対象の方の口座名・名前・番号などがこちらの送った一覧と実際の口座と一致しないと、極めて面倒なことになる。その結果時に組み戻しという事態になる。

できれば組み戻しは避けたいけれど、その組み戻しを避けるためには、各人に給与支払い口座の確認をして、そして○○銀行に連絡して、ということになるわけである。それを昼間に診療時間の合間にするのはなかなか大変である。しかし、この対応はすべての条件を知る人が私しかいない以上、私にしかできない。

なので、組み戻しを極力避けるようにどりょくしているけれど、それでも時に発生する組み戻しである。つい先日も久しぶりにやってしまった。それでも今回は1名分だけだからまだいい。以前一度だけ、スタッフ全員の給与に関する組み戻しとなり、各人に直接クリニックの口座から支払うという極めて面倒な事態となったことがある。各人の口座を確認して、金額を確認して、と極めて面倒で、あの悪夢だけは二度とご面である。と思いつつも、時に生じる組み戻しである。

DSCN0596 (1280x929)

院内のバラもまだもうしばらくは咲きそうである。ただ少し寒くなってきたので、果たして開花せずにこのまま枯れてしまうかもしれないな、とも思っている。そして寒くなれば、バラの選定もおこなわなくては。

クリニックの前の路側帯に植えた水仙も結構芽が出ている。もう一つの球根はまだ・・・。今年は冬用の花壇の手入れは、現行のままでとおもっているけれど、この週末にできればすこし冬対策をと考えている。

クリニックの空調工事は、2階3階の西側向きの部屋の工事は完了しました。残りの2階の室内機の交換も完了しました。今週は、3階の残りの病室と、廊下、そして1階の室内機の工事、そして1-3階の室外機の設置でようやく完了となります。

季節ももう12月は目前で、幸い今年はまだあったかい日々が続くので、暖房の使える場所が少なくても何とか維持できています。外来があと1週間は暖房が入らないのがつらいところです。今しばらく外来にお越しの方は辛抱いただくようお願い申し上げます。ストーブを採血室には用意しています。

DSCN0579 (1280x960)

待合室の天井を見上げることはなかなかないのですが、実は待合室の天井は今こんな感じです。

DSCN0581 (1280x943)

診察室の天井もこんな感じです。ここにこれから空調を取り付けるだけであれば話は簡単であったのですが、天井の仕上げの問題があり、天井のクロスの張替を行うこととなりました。そのため、匂いがすることと、工程に時間を要するため、11月23日から25日までは、当院は臨時の連休となります。

この間、外来の使用ができません。受付のカウンター部分と、事務室のみ使用可能です。その間の急患には、2階の分娩室で対応させていただきます。またお産に関する入院は通常通りです。

11月末には工事完了の予定です。


↑このページのトップヘ