2020年12月

今日で12月31日で、明日から1月1日ということは、明日から2021年である。月末であり、年末であり、通常の仕事に加えて、年末の仕事もある。でも、外来がないので、すこし余裕である。おまけに、なんと10年ぶりくらいに、今病棟に赤ちゃんがいない。12月26日に出産された方が、昨日退院され、今病棟には切迫早産のお母様が1名という状況になってしまった。

お産に関しては、神様の言う通り、の世界だと思っているので、基本的に医療上の必要な理由がない限り、基本的に”待ち”の姿勢である。なので、病棟に赤ちゃんがいなくてもそれはそれで仕方がないことであるが、ということは、私は今日はどうしようか、と。

とはいえ、今日は予定日の近い方の診察が数名あるので、午前中は診療と、年末の仕事でもして、と。問題は午後であるが、たぶん午後は大掃除かな、と。できるだけしたくないけれど、時にしなければならないのが、PCの埃とりである。また超音波のフィルターも埃とりをしておかないと、時に熱暴走をする。なのでその必要性はわかっているけれど、手は汚れて荒れるし、したくないな~と先延ばしにしてきた。でも、もう伸ばせないし、万が一熱がこもって暴走したら、診療も滞る。


DSCN0784

今朝は、外を見渡すとうっすら雪化粧であった。空が少しづつ明るくなると、周りの屋根に雪が積もり、西の空には満月?が見えた。

DSCN0766

DSCN0754

少しづつ空も明るくなり、阿蘇に係る雲も晴れつつあるような・・・。ということは今日は晴天かな。

熊本市のオンライン面会の補助金が10万という予算の枠の中であり、締め切りが12月25日であった。

【新型コロナウイルス感染症関連】熊本市オンライン面会支援事業(医療施設等分)の実施について / 新型コロナウイルス感染症対策TOP / 熊本市ホームページ (city.kumamoto.jp)

確かに最近当院でも面会制限である。でもスマホのテレビ電話がもう当たり前の時代であり、特に必要はないと思っていた。が、たまたまたマイクロソフトのサーフェスプロ7の案内メールが届いた。

Surface Pro 7 – 軽さの中に、無限の可能性を。 – Microsoft Surface


いタイミングで届いた。これは神の声かもしれない、と思って、さっそく手続きを行うこととした。12月中旬を過ぎていたので、締め切りにギリギリである。届いたら、オンライン面会あるいは両親学級のリモート用に使うという目的である。

ただ、熊本市に申し込むと同時に、マイクロソフトにも申し込む、という同時作業でないと、どちらも間に合わない(マイクロソフトも期間限定であった)。熊本市とのやり取りを数回して、手続きは間に合った、と思う。(万が一不可といわれたら、それはそれで仕方がない、との覚悟である)

次に届いたサーフェスプロの設定。マニュアルが乏しく、添付されていたささやかな資料に基づき、作動を開始する。しかし実はここから、トラブルが始まった。

私自身、アイパッドを使ったこともないし、アイフォンは持っていても電話でしかないので、よくわかっていなかったことも問題かもしれない。最初の課題は、積もり積もったアップデートである。ということはうがった見方をすれば、この特価品のサーフエスプロは、初期型でアップデートのないままの在庫品の一掃商品であったのかもしれない。膨大なアップデートが始まり、なかなか更新が終わらない。

更新中の表示のままでスリープモードになり、立ち上げても更新中。これはアップデートで壊れたに違いないと、2回もマイクロソフトのサーフェスの窓口に電話をする。(この電話をつなぐのも待ち時間が長く大変であった)。スリープモードを外して、根気よくアップデートを続けることで、ようやく更新の必要がなくなった。

DSCN0747

キーボードは本体ではなくて、付属品である。キーボードは外せるし、顔認証もはやい。画面も軽い。Wi-Fiでらくちんといいところばかりのはずであった。

本体だけあっても、何らかのソフトがないと使えないわけで、マイクロソフトのエッジだけでは困る。なのでオフィスのワード、エクセル、アウトルックをインストールした。ここから新たなトラブルが始まった。

ようやくワンドライブが使えるようになり、エクセルとワードもOK。しかし問題は、アウトルックであった。以前からメールソフトはアウトルックを使っていたし、これを使おうとするが、なかなかうまくいかない。スマホとPC(現在使用しているこのPC)との連動をとったからさらに事態が複雑になった。

何かをするたびに、確認をしないと次に進めない、という不都合な事態に。さらにワンドライブに膨大な量のバックアップを取って、それを読みに行く。つまり余計な動作がいくつも増えて、身軽にサクサクという当初の予定から、あちこち触りながら、立ち上がりを待つという面倒な状況に陥った。

で、それから解消すべく、バックアップをとらないようにしたら、今度は過去のアウトルックのデーターがすべて消えた。過去のメールがないと、その分動作は早くなる、これはメリットである。が、過去のメールに含まれていたすべての情報が失われということは・・・・・。この復旧は相当面倒であるけれど、失われたものは仕方がない、と昨日1日かけてようやく自分で納得した。あるものでやろう、と、前向きに考えることにした。

面倒なのは、厚労省や熊本市の保健所のとのやり取りであり、各種補助金の手続きであり、職員の勤怠に関するものである。さしあたり、年明けにすればいいからと、目の前のことを、と。でもくよくよと後悔する自分がいることも事実である。本来なら、この年末年始に、電子カルテの仕様設定の変更に取り組むつもりであったが、それどころではなくなった。

問題もアウトルックも動くようになったが、サーフェスではどうもうまく作動しないことも判明した。ま、それはそれでいいかと、あきらめていたら、サーフェスのアウトルックのなかに、過去のメール分が残っていることに昨日気が付いた。よしこれから復旧しよう、でもせっかく身軽になったのであるから、必要最小限の復旧にできれば、と。禍であったけれど、これが少しでも今後のためになれば、と。


DSCN0748

今朝のサーフェス。この画面が立ち上がる時にも、いくつかの面倒なことがあったけれど、まあ立ち上がった。

さて最後の課題は、この面倒なサーフェスを本当にオンライン面会や両親学級の用に使っていい物であろうか?なんか新たなトラブルの種になりそうな気もするが・・・・。

今年も残すところ、あと数日。昨日は好天であったけれど、今日から天気は崩れ、新年にかけて大雪もという話も聞く。コロナに関しては、収束は遠く、あちこちで過去最高を更新する話が届く。そして2021年数は出産数の低下も予測されている。

そうした昨今であるが、今の私とスタッフとでできることは、目の前の業務を普段通りに行うことであり、それ以上でも、以下でもない。今更じたばたしても仕方ないし、世の中の流れがクリニックの一存で変わるはずもない。となれば、コロナをクリニック中に入れることなく、通常の診療を心掛けて通常の診療を維持することが、結果として社会に貢献することであろうと思う。


DSCN0724

月曜日の午後。こんなに天気がいいのに、と思わないでもない。風も無風に近く、雲も少ない。


DSCN0726

遠く中岳も望むことができる(カメラを使ってであるが)


DSCN0727

ちょっと北に転じれば、倉岳も。


DSCN0729

西に目を転じれば、金峰山。


DSCN0730

そして雲仙。

あーこんなに天気がいいけれど・・・と思うけれど。さて、診療は今日で一応おしまいである。あとは年末年始の体制となる。私自身はこの年末年始に、電子カルテの診療項目の改定に挑戦するつもりである。もっと使いやすく、を目指して。

皆様よいお年を。

DSCN0728

今日は12月28日月曜日。お役所の仕事納めである。また今年は、コロナ感染のあおりで、25日まで営業であとは有給でお休みという職場もあるらしい。さて当院は、というと、別に例年と変わらないいつも通りである。コロナ対策として、面会の制限はあるけれど、診療自体は変わらない。

2020年12月29日まで外来診療を行います。12月30日は水曜日で休診、12月31日午前中に予定日の近い妊婦様だけ診察します。2021年1月1日は正月でお休み。1月2日は予定日の近い妊婦様だけ妊婦健診を行います。1月3日は日曜でお休み、1月4日から診療再開となります。

外来診療は上記の状態ですが、もともと分娩を取り扱う施設ですから、私自身の対応は変わらないし、いつでもお産のためにスタンバイの状態です。なにもなければ、12月31日と1月1日にちょっと、とは思っていますが、これも何もなければ、の話です。

DSCN0670

日曜日、午前中はまだ雨が降っていなかったので、バラの剪定をと思ったのですが・・・。

DSCN0671

結構まだ葉っぱは青々としているので、見送ることにしました。もっと寒くなる2月までこのままで、いこうと。残された葉っぱが、赤くなるころにしよう、と。

さて、今日は外来診療に、と。

コロナ感染はあちこちで広がり、日々その報告数が更新されていく。いつかは身の回りで、と思わないこともない。そうした危惧への対応と、そして妊婦様産婦様の通常の発熱(乳腺炎・腎盂腎炎・感染性胃腸炎・悪阻による脱水)を区別するために、当院で通院されている方を対象に発熱外来を11月から開設した。

開設当初は対象の患者様はいなかった。昨日2名の方が受診された。といってもコロナを思わせる症状が割るわけではなくて、念のためにという意味合いが強い。しかし、やはり発熱ということであれば、とドライブスルー方式での検査となる。結果が出るまでは、自宅待機をお願いした。

また、最近予定日の近い妊婦様から、コロナ検査を希望したい、との申し出があり、妊婦で無症状者のコロナ検査の1例目となった。こちらは結果陰性を確認し、本人に伝えた。


DSCN0698

現在のコロナの流行の状況からすれば、もっと身近なところで流行する可能性もあり、どうもそこらへんが匂ってきたような気もする。ということは、今月以降、そうした患者様も少しづつ増えてくるのではないか、と。

寒い時期には、ぜんそくの持病のある方や、些細な風邪が持続して咳ぜんそくの状態となっていらっしゃる方も少なくはない。とくに、夜間に咳が続くと、眠れなくて・・・。こうした方の受診も今後予想されるので、なかなか対応が難しくなる。

なので、今言えることは、今年はぬくぬくと過ごして、風邪をひくようなことをしないように、と助言するのが精いっぱいである。しかし、小さいお子様がいらっしゃる家庭は、子供の相手をすればなかなかそうもいかない。結果としてお子様から、風邪や感染性胃腸炎をいただくことはよくあることで・・・。

そうした方々も、今後当院の発熱外来としてみることになるかもしれないな、と。

DSCN0699

私も風邪をひかないように努めたい。

写真は、先日の農業公園で。寒さのため、バラも枯れつつある。お手入れは、12月がつるバラで、1月以降にこちらのバラらしい。確か剪定して40数日後にバラが咲くらしいので、それを逆算して(つまり春のバラ祭りごろに咲くように)剪定する、と伺った。

ということは、この寒くて枯れつつあるつぼみはしばらくこのままかも。

当院のバラもお手入れをと思ったが、今日はどうも雨らしい。なので、30日にでもするかな、と。

↑このページのトップヘ