カテゴリ: 開業について

名称、ロゴマークとふと思うことを書いていた。で、そういえば開業時の思いとしてほかにもあったことを思い出した。クリニック自体は、コンクリート作られ、その内部が木目、石、布地で覆われ、これらが四季に応じて変わるはずはない。なので、四季が感じられるように、植栽でと設計の先生にお願いした。

その思惑で、四季が感じられるように2007年当時に植栽が配置された。しかし、実際に配置されたものの、散水・気候・虫害などにより、一部は予想以上にうまくいったけれど、一部はうまくいかなかった。姫クチナシとサツキは除去され、芝生となった。樹木の一部は枯れた。その結果、新しい樹木を入れたり、地元の園芸家の方と相談して中庭を変え、そして今年玄関脇も変えた。

2020-11-03 15.55.00


たぶん設計の時点での思惑を、十分に管理する費用があって配慮していれば、そのまま維持できたかもしれない。しかし、そのためにはその専属の人と機械が必要であったろうし、クリニック開設以来そうした専従の人を配置する余裕はなかった。結果として私の趣味で維持したようなもので、その結果が今の状態でもある。

確かに忙しいとき、天候不順が続くときに、そうしたメンテナンスは不可能である。しかし、逃げることもなく、ただそこにあるものなので、落ち着いた時にすればいいし、今年がダメなら、来年があるさ、と思えばいいわけで、その結果として、園芸が半分私の趣味あるいは余暇の一部となった。不思議なものである。まさか、こんなことに手を染めようとは・・・。

クリニックの内部、なかでも分娩室と新生児室は、基本的に温度を一定に保つ必要がある。新生児と妊婦様の安全と快適性のために。そのため大体このエリアは温度24度から26度が年中保たれいる。なので、ここには鉢を置くと、年中安定しているわけで、その結果日日草は毎年越年している。

DSCN1826

この調子でいけば、ハイビスカスも通年で咲くかもしれない。


2020-10-29 08.33.48

院内の鉢物は、開業以来のものもあれば、いったん枯れてしまったものが復活したものもあるし、そして日日草やハイビスカスのようにあとで購入されたものある。そういえば、レモンは枯れてしまった。

院内にある各地のバラは私が植えたものであるけれど、ヤマボウシ、金木犀などの樹木は開業以来のものでもある。中庭の樹木は地元の園芸家さんにお願いしたけれど。植栽の種類が増えたことで、院内のどこかでいつも花が咲くようになった。


2020-11-03 15.58.02

2020-11-03 15.57.52

ちなみに、路側帯は当院の敷地ではないのですが、ここに個人的な趣味で植えたものもあり、ここも含めて通年で花が咲くかな、と。


DSCN4503

花が咲くことで、変わらない風景に色を添え、そして私にその植栽を維持する楽しみを与えてくれる(ちなみに、植栽の管理は最近はスタッフにも少しお手伝いをしてもらっている)。こうした人生もわるくない。

以前勤務医の時代に、施設のロゴマークを調べたことがある。名称にしても、ロゴマークにしても、本来ならその施設の特徴であり、商標登録してあるかな、と。で、調べたら予想外の結果であったが、ま、それはその施設の考えなので、それはそれで、と感じた(私には何もできないので)。

時は流れ、自分でクリニックを作ることなった。最初に立地を考え、設計図を設計師の方々と検討し(2006年ごろ)と同時に、自分にできることとして、ロゴマークと名称を考えることとした。大体1年くらいかけて、名前を決めて、それから名前にあったロゴマークをオリジナルで作ることとした。


TB250
実はグリーンヒルという名前のゴルフ場が当時あることがわかっていたこともあり、グリーンヒルの前にウィメンズクリニックという名前を付けて、クリニックの名称であることとした。ちなみに、和製英語といわれるレディースクリニックという名称はどうも私の好みとはあわなかったので、ウィメンズクリニックとしたが、その分名前が長ったらしくなってしまった。

福岡のデザイン事務所 アルモニと検討するこ半年、上記のようなロゴがようやくできた。でも、実は第二案も捨てがたく、結果として、二つの案を採用してしまった。

T250
こちらが第二案。なのでこの字体にはそれなりのこだわりがある。また背景の花は、ハナシノブをモチーフにデザインした。

私なりにそれなりに気に入ったロゴである。なので、名刺やら、院内の随所に使っている。とはいえ、松山建築設計により院内で採用されているロゴは、この字体とは少し異なっているようであるが、基本は同じと考えている。

Tシャツ、新生児用の産着、患者様用のパジャマ、そしてクリニック紹介の各種文章やリーフレットに使用している。また、当院の封筒名刺も、同じデザイン事務所に依頼して、作成した。緑と白と薄紫の3色すりである。3色刷りとすると、少しコストがかかるのであるが・・・。なお、薬袋はロゴマーク単色で、既存のパターンに張り付けた。

最後のこのロゴマークを商標登録しようとおもったが、お金がかかることと、何かもう一つ理由があって、ロゴマークは登録しなかったような気もする。仮に他の施設がこのロゴマークを使ったとしても、あまり意味のないことであろうし、実際に法人として名称が登録されている以上、特に問題はないかな、と思っているが・・・・。

名前とロゴマークは、このクリニックの存在が皆様に覚えていただけるように、同時に皆様に信頼される施設であるように、そしてその信頼にこたえられるクリニックであるようにスタッフが不断の努力を欠かさない施設であるように、という思いでもある。
花のみ元

ちなみに、このようなモデルを念頭に名称やロゴを検討した。

model2006




ウィメンズクリニック グリーンヒルは、医療法人 グリーンヒルが開設した医療施設である。通常、開業時は個人で開業して、そのあとに医療法人に移行することが多いけれど、不思議なことに当施設は、医療法人の開設が2007年1月であり、その同年6月にウィメンズクリニック グリーンヒル開設となっている。

開設時に、医療法人緑が丘というのも考えたが、素直にグリーンヒルとした。なので、少しややこしいが、私は医療法人の理事長であり、施設の院長を兼ねている。ついでに言えば、庶務課長(各種雑務)も兼ねている。ま、小規模施設(職員30数名)であれば、そのようなことは十分にあり得る。

なので、経営母体は、法人であり、様々な権限は法人にあり、その責務も法人にあることなる。職員との雇用契約、各種支払いなどの業務も法人が行う。ウィメンズクリニック グリーンヒルと医療法人グリーンヒルと名前が似ているが、同義ではないので、時たま混同することもあるけれど、要は建物の名前はウィメンズクリニックであり、その所有者は医療法人グリーンヒルである、とご理解いただきたい。

当院の名称を決めるときに(そこら辺の経緯は開業時の経緯に記載したような気がする)、私なりの思いを込めて決めた。とはいえ、正直言って、言いやすい名前で、さわやかな印象の残る名称というのが根底にあったような気がする。で、最近になって気づいたことであるが、この名前にしてよかったと思うことがある。

クリニックの名称が片仮名なので、よく施設の名称を記載して、フリガナをと言われたときに、フリガナを打つ必要がない。また、あいうえお順の名簿の場合、ウから始まるので、名簿の上位にあることが多く、クリニックの名前を探しやすい。ただ、慣れていないと、ウィメンズクリニック グリーンヒルと長ったらしい名前を発音するので、ちょっとまだるっこい。

2020-11-04 06.42.11

また法人設立にあたっては、定款の作成が必要である。で、医療法人とは、法人である以上、個人の利益を中心とした施設とは相いれないものがあり、何らかの公的側面を持つ個人設立の団体ということにある。だからこそ、法人としての信用度があり、その責務を負い、個人開業に比べればいくつかの優位な点があるのであろう。

ただ、これまでの当院の歩みを考えれば、基本的にクリニックの設立と維持を中心であり、お産をする施設として、その医療安全と経営の安定化が主眼点であった。そのため公的業務(地域医療や行政の支援)からはすこし距離を置いていた。というか、そこまでの余裕がなかった、というのが正直なところでもある。

しかし法人設立の主眼からすれば、何らかの社会的貢献が必要であることも事実である。分娩をする安全な施設として維持することも十分な社会貢献ではあると思っているが、それ以上の何かもやはり必要であろうし、そうした点を少しづつ考えていきたいと思っている。


2020-11-04 06.42.27

11月4日、夜明け前のひと時。東の空の、日が昇る前にかかる雲が、光り輝く。

2020-11-04 06.42.20

早起きした人にしか目にすることができない特権であるが・・・

そういえばこの時間に外に出ると、寒くなってきた。そろそろ暖房が必要である。

私の誕生月は11月。で、免許センターから更新のお知らせが届いていた。16日、午後の外来と病棟を妹に依頼して、16時40分にクリニックを出る。免許更新の午後の手続きは13時から15時までとはがきにある。14時50分間に合った。更新の手続きをする。

免許センターの手続きの第一歩は問診と暗号番号の記載であった。それからお金を払うのであるが、更新費用5500(これは安全協会費用を含む)。それから免許証を提出して(古くなった免許証の返還もお願いして)、写真撮影をして(マスクを外して)、最後に講習30分。講習後に新しい免許証と、古い免許証を受け取って、帰宅する。約1時間。免許センターが近くてよかった。

実は免許センターが近くてよかったという表現は正しくない。というのは、この戸島の地に当院を設置した最大の理由は、運動公園や免許センターに国体通りをとっていく人にとって、わかりやすい場所にクリニックを作る、という私なりの戦略でこの地を選んだのである。なので、近くて当たり前であり、私が運動公園の入り口まで走るのもごく当然である。


2020-10-16 07.32.02

さて、免許センターで学んだことをいくつか披露しよう。

まず私は今年の誕生日で60である。今回ゴールドの更新なので、次回は65、次々回は70歳となる。で、高齢者の免許更新は75歳から様々な対策が講じられると聞いていたので、もしかすると私は70歳の免許更新の際に、更新後の年齢から高齢者対策の対象となるかもしれない。帰りがけ、どこで講習を受けようか、と考えた。

後部座席のシートベルト着用が義務化されると聞いていた。で、どうも後部座席のシートベルト着用をおこなっていないため注意ではなくて、取り締まられ、点数原点になった、と。そうかついに・・・・。これからは後部座席もシートベルト着用である。

信号のない横断歩道を通過する際には、歩行者が横断を待機している場合に、通行者は停車して歩行者を横断させなくてはならない、ということは知っていた。で、実はこれを守らないと減点の対象である、と。ちなみに熊本県の停止率は10%以下で、長野県は60%以上とか。

夜間の運転時に車のライトは対向車がいない場合、ハイビームで運転し、歩行者や通行者にちゅういしなくてはならない、と。

また運転中のスマホの作動による減点、交通事故後の対応など、30分という短い時間に重点事項をまとめられた講習会であった。講習会はかくありたい。

2020-10-16 07.27.23

免許更新もすんだ。次は、10月20日の外来の診療数の調査、そして発熱外来への対応、と週末の仕事は十分にある。そしてできれば、シャクヤクの株分けをしたいものであるとも思っている。

写真はバラ園に行けない私が、仕方なく撮った院内の写真。そういえば運動公園にもバラ園があった。今日行こうかな、と思ったら、昨日から雨が降っていた。いくなら、昨日行くべきであった。残念。

時に中華料理が食べたくなる。前は、歩いてすぐのところに香味彩があって、重宝した。道を挟んで反対側だし、食べて飲んでも、歩いて帰れる距離である。

DSC_00592005-08-13

以前私がまだ月出に住んでいたころ(20年以上前)、京塚にあった中華料理屋さん(王家亭)が県道戸島線沿いに移転した。王家亭のあとに、京塚に金絲猴という中華料理屋さんができた。月日が流れ、私が日赤で勤務していたころ、王家亭もときにいったが、そのころには小峰にある香味彩のエビマヨがお気に入りで、送別会もそこで開いてもらった。

日赤を離れ、菊陽にしばらく滞在し、それから福岡に5年ほど住んで、2007年に現地でウィメンズクリニックグリーンヒルを開業した。実は、この場所を選んだ理由は、この地が国体通り沿いであること、上の写真のように水田の耕作地帯で借地として利用可能であったこと、そして目の前に香味彩があったこと(当時はリンガーハットもあった)ことも大きなポイントである。(その当時の写真が上である)

歩いて食べて、酒飲んでも歩いてい帰れるなんて、なんとラッキーと思ったし、実際その観点で利用させていただいた。で、そのころ、実は金絲猴も移転して、いまのロジパンの小山店の場所で開業していた。なので、3つの中華料理屋に囲まれ、さらにリンガーハットもあるし、幸福、と思っていた。

しかし、その幸福はつづくはずもなく、まず、金絲猴が店主の病気で店じまいとなり、王家亭は八代に移転した。そして香味彩も店主が諸国放浪の旅にでるということでなくなってしまった。

個人的に中華が好きなので、困った困った、と。で、一里河来を見つけたときはうれしかった。ガソリン屋さんのそばに、秀峰という中華料理屋さんもできたと思ったら、いつのまにか黄龍に名前が変わっていた。個人的には一里河来が好きであるが、ここはちょっと遠く、酒を飲んで歩いて帰れる距離ではない。


2020-06-06 12.44.54

現在、リンガーハットは壊され、香味彩の建物は前川珈琲になっている。リンガハットーの跡地に、前川開拓団ができて、焼き肉屋、ホルモン屋、郷土料理屋と変遷し、さらに海鮮居酒屋となった。

2020-06-29 08.37.51

でもそのお店もまた様変わりするようで、なにかな、とおもっていたら、今度は中華のようである。考えてみれば、もともと中華料理屋さんのあった場所なので、理論上はOKと思うが、何せ変化自在の前川さんのお店だから、どうかな、と。

2020-06-29 12.40.06

今度は白から赤へ。月曜日雨が降る前に、きれいに塗り替わっていた。ここなら歩いて食べて飲んで、歩いて帰れるけれど・・・・・。





↑このページのトップヘ