カテゴリ: 個人

ちょっと前の私の経験談で、手術時に痛みをとることの重要さを痛感した。する側と、される側と立場が異なり、よく理解できた。基本的には、大の大人が痛い痛いと叫ぶなんて、と思っているので、歯科に行っても、整形外科に行っても、痛いと叫ぶことはないけれど、やはり痛いのは痛い。どこまで見得をはれるか、ということであるような気もするけれど・・・・。

ある一定のところまでは耐えられる、でもその一線を超えると痛みには耐えられない、というライン(閾値)があって、このラインは人によりさまざまである。閾値が高いということは、つまり痛みに強いということであるけれど、痛みに鈍感であるかもしれない。一方閾値が低いということは、痛みに弱いし、痛みに敏感であるということとなる。

お産の痛みが分かりやすい話で、お産の痛みは、当然痛いと思って陣痛だということで皆様お越しになる。しかしその痛みの感じ方には個人差があるわけで、診察して、分娩の進行度を見ながら、入院かどうかの判断となる。残念ながらまだこれでは、ということでお帰りをいただくこともある。

痛いと思ってきたのに、と感じられるかもしれない。しかし、お産の進行状態は千差万別であるけれど、少なくとも今すぐ生まれるような状態でなければ、もう少しお産が進行するまではどこかで待機いただけなければならない。その間、少しでもリラックスできる場所が一番であり、いったん帰宅となる。それから痛みが強くなって再度お越しになるかもしれないし、あるいは痛みがいったん遠ざかってしまう場合もあるかもしれない。

で、次にお越しになるときには、当然最初にお越しになった時とは比べ物にらないくらいの痛みとなっているわけで、その時の痛みが強ければ、やはり妊婦様から声が出ることもある。

これは私の推測であるけれど、いったん痛いと叫んでしまうと、堤防が崩壊するようなもので、あとは生まれるまで叫び続けることが多いように思う。当然ながら、この痛みのクライマックスが、赤ちゃんが出るときの痛みなので、それまで声が響き渡ることとなる。

で、産んだら痛みから解放されるか、ということ、必ずしもそうではない。まず胎盤が出るときの痛みがあるし、産後の縫合もある。胎盤がつるんと出ればいいけれど、なかなかでない場合や、出た後に子宮が柔らかく出血が多い場合には、子宮の収縮を促すために子宮のマッサージをおこなうことになるけれど、これが結構痛そうである。なので、時におなかを触らせてもらえない場合もある。

そして縫合である。麻酔をせずに縫うことは、無痛分娩以外不可なので、会陰部をチクチクと刺して局所麻酔薬を注入する。当然のことであるけれど、この麻酔をするから痛みが取れて縫うことができるけれど、この行為が痛いのである。

で、こうした行為が続くと、あまりの痛さに、そして縫合への不安・恐怖感から産後の女性の防御姿勢となってしまう場合がある。腰が引けて、足がとじてしまう。そうなると、縫合という作業がさらに大変になり、時間もよりいっそうかかることとなるので、結果として痛みや不安を感じる時間が長くなる、という悪循環に陥る。

その点、無痛分娩は楽である。なぜなら、分娩時に痛みが取れるあるいは軽減していたことを経験したので、痛みに他する不安もすくなく、実質痛みもないので、腰をどっしりと構えて、姿勢としても縫いやすい。

さっさとやって、さっさとかえろう、というのがモットーである私にとって、この痛み、あるいは痛みに対する不安や恐怖感をいかに克服しつつ、医療作業を速やかに適切に行う、ということは改めて大切であるな、と思うばかりである。

DSCN3207

日曜日、結局どこにも行けず、午後から草取りをした。これは患者様から頂いたオクラ。どうも成長過ぎて、これは硬くて食べられそうにない。なので、これは来年の種用とすることにした。

DSCN3206

と書いていたら、お産です、と呼ばれた。電話口の背景に、痛い、という声が響いていた。

山本ブドウ園 http://www.yamamotobudou.com/ 今年も行ってきました。

DSCN3222

益城の山中にあります。ガラケーだったころは、電波の表示のアンテナが1本しかたたず、通話が困難な場所でした。アイフォンになってどうかな、とおもうけど、やはり電話はうまくつながりません。

クリニックから40分くらいかかるけど、やはり8月はここで、ロザリオビアンコを手に入れないと、私の8月が完了しない。

DSCN3218

シャインマスカットに比べて、種があるし、栽培も面倒と聞いた。そのため今の世の中、シャインマスカット流行りであるけれど、私は断然これがいい。

緑の皮が透き通っていて(シャインマスカットに比べて)、歯で噛んだ時の歯ごたえと、果肉の甘さと、皮の部分の青臭さと。今年は8月13日以降収穫と聞いていたので、お盆ころから行きたかったけれど、お産と台風で行けなかった。

17日午後、ようやく到達。土曜の5時なのに、小屋では親子で作業中。私がいる間に他のお客様も。やはり皆様のお目当ては、これである。

DSCN3220

1kg箱、2.6kg箱とあるけれど、やはり1kg箱が食べやすい。

DSCN3219

こちらは2.6kg箱二つ。

DSCN3221

そして小屋の前には、相変わらずの栗がなっていた。


DSCN3225

9月まではまだ収穫で、現在糖度18と。十分に甘いけれど、これがもっと甘くなると。個人的にはいまごろの方がすっきりしていていいと思っている。

なお、この小屋の前に左折する道がある。一度この道を進んでとんでもないことになったので、もしお出かけの際には、この左側の道には進まないことをお勧めします。進むと、引き返せなくなって、到達するのは、阿蘇ミルク牧場あたりに到着します。

現在、右足が足底が痛くて強く踏み込めない。手術前は、歩くときに足底が当たらないように指をまげて歩いていた。そのため、長時間歩くと、足底の筋肉がけいれん状態となり痛かった。これもいやだけれど、足底をつくよ踏み込めないの嫌なので、手術となった。


術後は1日目に麻酔によるしびれ感から解放された。すると、当然ながら患部の痛みがある。術直後はこれでは前と変わらん、と感じた。しかしそれが1日と日が過ぎると、当然まだ痛いのであるが、少し楽になってきたような気がする。あと1週間すれば、もう少しいいかもしれない、と期待させる。

テニス肘の方はいったんはよくなった。でも、お産や帝王切開が続くと、やはりまた痛みが出現する。本来肥大であったが、時に右にも出現する。こちらも一進一退である。

これ以外にも、膝の問題もある。できるだけ、床に直に座らないようにしているが、どうしても座らないといけない状況になると、大体その数日後に膝が痛くなる。大昔私がラグビーで痛めたのは右ひざだったような気もする。その後スキーで大転倒で、両側の膝を痛めたような気がする。

ほかにも、慢性的な副鼻腔炎、結膜炎、そして最近微妙ながら白内障も判明した。齲歯(虫歯)およびそのための歯周病もありそうである。

DSCN3187


世の中にはそうした状態と縁のない人もいるかもしれないが、縁の多い人もいるかもしれない。ま、60年近く生きてきたのであるから、何もない方が不思議である。そして不自由があろうとも、私がこの体を取り換えることはできないし、そしてこの体であるからこそ、私が私であるわけで・・・。ということはやはり、この体を可能な限りで使い続けることが今後においても大切なことで、そしてその体が使えなくなったときが、できれば寿命であるといいな、と思っている。

なので、持続可能範囲で使い続けるためには、日々の適切なメンテナンスが大切である。そのためにはなにが必要かな、と。動かすことも大切であり、時に補修(今回のような手術)も必要である。と同時に左右あるものは均等に使わないといけない。

実は、右足の痛みのため、右足をかばうスタイルとなって、約半年。(ガラスを踏んづけたのが去年の12月)その結果、どうも右足をかばいすぎているようで、体の軸が少しずれ、骨盤の調整が必要なようである。下肢の動きにいくつかの制限ができていることが最近判明した。少しづつ元に戻していきたいが、そのまえにこの足底の痛みから解放されるかどうか、と。

DSCN3190

写真は8月17日朝、少し曇っている。阿蘇は見えない。

本当はお盆期間に休みがあるだろうと、そのころに益城の山中でロザリオビアンコにありついているはずであった。しかし・・・・

DSCN3141

まず台風が来た。そのため天候不良となり、外出できなくなった。

次に、お盆期間中お産が意外と多かった。8月11日から8月15日までに12名ほど生まれた。せっかくの休みなので、ようやく生まれたと思ったら、新たな入院とその繰り返しであった。

そして私の手術。手術といっても、足の裏のガラス片の除去である。手術は7月に日程を決め、8月14日早朝と決まっていた。(私の通院している整形外科は、お盆も休みがなくて、毎日朝から手術であるらしい)。

8月13日お産も済んでこれで予定通り行けると思って就寝したら、夜中に呼ばれて、お産もあり、陣発入院もあり、微妙な状態である。しかし、このタイミングを逃せばいつ行けるかわからない。代診の医師も頼んでいたので、予定通り受診した。

午前6時20分にクリニックを出て、6時30分整形外科着。6時45分に内部に入ると、すでに用意されていた。足底が手術部位なので、脛骨あるいは腓骨神経のブロックと局所のエピネフリン注入が施行され、実際の手術は7時30分ごろから10分。角質から真皮にいたるまで切除したけれど、大きなガラス片はっ確認されなかった、とのことであった。切除部分は、開放創の形となり、ガーゼを巻いて、8時20分ごろ会計を済ませて、退出した。

産婦人科も大変であるけれど、整形外科も大変だな、と改めて感じた。

DSCN3131

強力な麻酔効果であった。その日一日、夕方まで、厚底の靴下を履いているような感じで、夜にようやく足の知覚を感じるようになった。そして翌日から、やはり足が痛かった。

患部は、結果として開放創で1cm径くらいでえぐられたようなくぼみ状である。抜糸もないし、このまま経過観察で、ということであった。

今日は術後2日目、患部を見ると結構角質が盛り上がってきている。当然その部分を押すと痛いけれど・・・。患部の回復、そして足底の痛みから解放されることを願うばかりである。

最後に、手術の感想として、手術は全く痛くなかった。しかしそのブロックする時が痛かった。医者たるもののプライドとして、痛くても痛いとは言えない。でもやはり痛かった。なので、当院でもお産の縫合時に局所麻酔で痛いという方、そして我慢される方の気持ちを改めておもいやるばかりであった。

DSCN3173


写真は、裏庭に1本だけ植えた苗である。時に切り花として使っている。しかし、どうも先週の週末を境に、この苗は姿を消したようである。穴だけが残っていた。裏庭のトマトもいつのまにやら数が減っている。なので、台風前にトマトを青いうちに2個だけとってみた。部屋で熟成を待つこととする。

益城の山中にある、山本ブドウ園。先日電話をすると、出荷は8月13日ごろから、とのことであった。ということは、お盆休みのころに行けるかもしれない、と。

http://yamamotobudou.com/

あくまでも私の好みであるけれど、シャインマスカットより種ありのロザリオビアンコの方がいい。そして9月になって糖度が上がって少し黄色がかかってくるころより、出始めの透き通った緑の皮をプッツンとかみ砕く、口の中に広がる少し青臭い甘さが何よりである。

確か去年少し値上げされていた。巨峰はもう作らなず、ロザリオ一筋と聞いた。お盆の楽しみである。

DSCN9112


しかし、その前に、もう一つ切実な問題がある。私の右足のガラス破片の件である。最近どうもやはり足が痛くて、うまく足が運べない。というか、その部分が設置すると痛みがつんつんとくるので、いつも足を丸めて足を運んでいる。で、そういう行為は本来の足の動きではないので、時に足がつるわけで、夜中に突然足の裏が痛くなる。

こまったものである。なので、ついに手術をすることとした。手術といっても足の裏の一部をきりとるだけであるけれど・・・・。決行日は8月14日早朝。その時にお産の患者さんがいなければ、手術に行く予定である。さて、どうなることやら。

個人的には、実は私の体にはメスの刃がはいったことはない。開業以来、お産が5000件を超え、帝王切開も1000件近くあるはずである。しかし、私自身は手術されたことはない。唯一あるとすれば、大腸ポリープを内子宮下に切除したくらいである。これは眠っていたので覚えていない。

早く治って、走れるようになりたいものである。


↑このページのトップヘ