カテゴリ: 個人

最近のいくつかの懸案事項があり、その二つがさしあたり解決した。

DSCN2644


一つ目はPCの問題である。以前のパソコンが、ウィンドウズ8.1から8.2して10と変えたせいか、どうも基本的なドライバーが壊れていると診断された。なので、再フォーマットをすることになるが、それでは日々の仕事(理事長の雑用業務やこうしたブログ操作)ができないので、PCを新規に1台購入して、それで作業を再開した。しかし、どうしても以前のPCを使わないとできない作業があり、ようやくその状態を脱することがができた。


会計業務は、その会計ソフトをあらたなPCに入れ替えた(これは私にはできない、会計事務所依頼事項)。もう一つはこれがちょっと迷惑を一部の方におかけしていたのであるが、クリニックのHPにあるinfo@w-greenhill.jpのサーバーへの登録を忘れていた。そのため、このアドレスへの返信が5月1日以来できなかった。今朝、1時間苦闘して、ようやくサーバーへのアクセス再開となった。

これにてようやくPCのフォーマットと再インストールができる。しかし、これはまた新たなもんだいでもあるけれど、これをしないと今度は古いPCが邪魔となる。

DSCN2645

ということで少し朝日がさした。戸島山の今朝の日の出である。

さて次なる課題は、わたしの進退問題である。どうも4月ごろから、左手の肘関節を中心に痛みがあり、しばらくすると右手も同じようになった。次第に重たいものを持つことがつらくなった。特に運動をしたわけでもないのに(最近テニスやゴルフはしたことがない、腕立て伏せもここ5か月ほどはしていない)、なぜだろう、と。

もしかしたら、痛風だろうか。リュウマチだろうか、とあれこれ悩んで、で、悩んでも仕方がないので、水曜日の午後友人の整形外科を受診した。テニス肘と診断された。レントゲンフィルムを取るまでもない、典型的なものである、と。

思い当たる原因がないけれど、あえて原因を上げるとすれば、園芸作業か、帝王切開か、と。帝王切開とすれば、これは労災であろうか、とも。

それに診断がついたところで、今の現況から抜け出せるわけではないので(帝王切開は避けて通れない)まだ痛みは残っている。でも、サポーターをして、痛みのリハビリをすれば、もしかしたらよくなるかもしれない、という望みは出た。ま、それで良しとしよう。

DSCN2628

懸案事項は、これ以外にもあるけれど、さしあたり当面の大きな目の上のたん瘤状態は脱した。

さてとなると、今週末の園芸作業の予定をどうするか、ということになる。ま、その時に状態で考えよう。

写真は、5月23日朝の朝日。この時期、朝日は戸島山から上っていた。最後の写真はいただき物の鉄砲ユリ。香ばしく少し強烈なにおいが受付に朝は漂っています。

5月は分娩数の予約が多く、連日お産が続く。それは日常であり、仕事であるけれど、やはりちょっとそれが続くと、私にとっても、スタッフにとっても、ちょっとオーバーワークである。当院のスタイルでは、あまりスタッフに残業をお願いすることはそう多くないのであるが、どうも5月ばかりはお願いすることが多いようである。

私も朝に、昼間に、夜に、とあちこち呼ばれる。いくつかのやりたいことが少しづつたまっていくので、できればそろそろと思うけれど、残念ながら実際の行動にうるつという点で体力に自信がなく、部屋でボーっとしていることが多いような。

リフレッシュが必要であるけれど、諸条件が重なり、リフレッシュもままならない。幸い今朝は体調はいい。夕方までこの体調が維持できて、かつ夕方にお産がなければ何かできるかもしれない。

DSCN2551

ただし、疲れ切っている原因が、果たしてお産だけかというと、それだけはないようなきもしてきた。いくつかの懸案事項があり、その最終判断が迫られている。最終判断が済んだからと言って、それでおしまいということもなく、その判断後にはその実行という問題もある。

私自身の健康上の問題もある。どうも、ここ数日筋肉痛に悩まされている。何も運動をするわけでもないのに、どうして筋肉痛?この筋肉痛が悩みの種である。仕事柄当然両手を使うことが多いわけで、痛くても使えば、なかなか回復しない。

週末にいつもお産が重なり、私自身のリフレッシュができなかったことも大きいのかもしれない。おまけに先週末は天候も悪く、園芸作業もできなかった。

DSCN2555


そうそう、念願の家庭菜園計画もちょっと微妙な問題であることが判明した。写真は裏庭でる。GWに枝豆の苗を植えたが、どうも枯れかかっている。同時に種もまいたので、新たに発芽したほうが元気がよさそうである。しかし、このままではこちらかの収穫は、まだ期待できない。

実は屋上にも庭園を用意しているので、こちらに期待するが、ここ数日の雨風の影響が心配である。

と、ここまで書いてくると、少し自分の中で何かやろうかな、という意欲をようやく感じられるようになった。よし、まずは今からマックスバリューに行って、食材でも仕入れてくるか、と。



少子化の日本でお産は減少しつつある。一人の女性が生む平均的な新生児の数は二人を切って、1.3人くらいだと聞いた様な気もする。ということは、たいていの女性にとっては、お産は生涯で1度あるか、二度あるか、ということになる。生涯の中でビッグイベントである。

そんなビックイベントであるから、せっかくならそのビッグイベントを、家族で共有したてはいかがでしょうか、というスタイルで当院はオープンした。なので、開院以来、基本的には妊婦様の同意されあれば、お産にともに参加する人の選択は自由であるし、帝王切開もOKである。

当院は2007年6月開院で、開院以来少しづつお産も増え、現在年間500-600くらいの分娩数である。つまり、年間500-600名の方が当院でお産を家族ととともに体験しているということになる。2007年開院なので、当院で二人目、三人目、四人目という方もいらっしゃる(さすがに当院で5人出産した人はまだいないが、他院で一人二人産んで、当院で5人目、6人目という方はいらっしゃる)。

DSCN2517

さて、この状況を立場を変えてみると、と。年間500-600ということは、月に50前後のお産があり、1日1-2件のお産があるという状況である。当院の統計は以前どこかに示したような気もするけれど、比率は自然分娩(吸引分娩も含む);無痛分娩;帝王切開の頻度がおおよそ2;2;1であるので、年間100件程度の帝王切開があるということなる。

開業当初は、お産があるということで私もスタッフも緊張したし、ましてや帝王切開であれば、あれこれ大変であった。そうした状況が続き、お産も帝王切開も次第に増えて今がある。スタッフは時に代わることもあるけれど、私自体はずっとここでお産についているわけであり、そうなると今の私にとってお産とはということになると、お産は日常の一つとなり、自然の流れの中で、診療というよりライフワークのようなものとなっているような気がする。

残念ながら、お産に感動するという心境とはちょっと異なる次元で、淡々とお産と外来とそしてその事務仕事と務めている、というところであろうか。

といって、私が決して感情的にならない、というわけではないけれど、あまり感情を表面に出すことも減ってきたような気がする。仮に感情的になっても、仕事の効率が悪くなるだけなので、気分転換して平常に戻るようにしている。

DSCN2518

先週末はできれば念願の山鹿のケーキ屋さんに行きたいと思っていたが、いけなかった。園芸作業をしたいと思っていたけれど、天気が悪いことと、私自身の筋肉痛でできなかった。結局、院内で事務作業とお産に臨んでいた。

さて今週はどうかな、と。まだ先週からのお約束がのこっているので、あと1名お産が済めば少し時間に余裕ができそうである。ぜひともヤマダ電機にいって、それからダイレックスにいって、ナーサーリーに行って、そして山鹿に行きたいものである。

DSCN2516


写真は、先週末の運動公園行の際に見かけた道路沿いの樹木。よくみれば実がなっている。ザクロのような気がする。木を植えて、実がなるまで数年を要するわけであるから、これらの樹木はそれなりの年月が経過していることとなる。

前回のidsという企業は、なんと医療系の検体検査の会社であり、工場であった。熊本から全世界にという会社であった。伊藤電子システムの略と予想したが・・・。

この界隈、意外と歴史のある建物が多いのかもしれない。なので、その敷地の樹木も年数が経過し、だから実がなると。

昔、産婦人科医として働き始めて、当直という業務があり、忙しいと損したような気分であった。それは当直とは施設に拘束され、その間にたまった仕事をして、という思惑があったので、その思惑が果たせなくて、翌日睡眠不足であると、そう感じた。

本来なら産婦人科医で、分娩に携わることは業務であるから、当たり前のことである。しかし、当直をしていた時代の私の身分は、別な施設の所属であったり、大学院であったりとすれば、どうしてもアルバイト感覚ということになってしまう。ただ、当時の大学病院の分娩数は少なかったので、そう呼ばれることはなかった。

そして月日が流れ、私が自信で産婦人科開業という立場になったとき、分娩に立ち会うことが主たる業務となった。2007年に開業し、今年が2019年であるから、開業以来13年目となる。13年間も続けていれば、今ではお産があることが当たり前の世界となった。

時に夜中に起こされ、お産となったり、緊急帝王切開となることもある。当然睡眠不足はきついのであるけれど、でもどこかで眠れれば、翌日には体調は戻る。なので、お産にしても、帝王切開にしても、外来にしてもその状況に応じて柔軟に自然に対応する、というスタイルがいまでは日常になりつつある。こうした業務の中に、私個人生活もあるわけであるけれど、どこからが仕事で、どこかからがプライベートかという区別は意味がない。

私にとっては、仕事とプライベートは本当に表裏一体。つまり仕事がない時に時間を見つけて個人的な趣味に興じる、ということになり、個人的な趣味に興じている時に呼ばれれば、仕事の世界に瞬時に戻る、と。予定はあってないようなもので・・・・。(とはいえそれでも時にはお約束事もあるけれど)

こうした状態が今の私にとっても日常となった。以前の私の状態からはとても考えられない展開であるけれど、それが今の私の選択肢であり、そのこと自体をあれこれ嘆くつもりもないし、といって誇らしげに語るのもちょっと違うような気がする。それが今の私の状態である。

DSCN2458

さてそうはいっても、5月は分娩の予約が多く、戦々恐々の日々である。5月14日は朝から忙しく、午前の外来開始前につかれてしまった。おまけに外来の開始は遅れてしまうし・・・。

助っ人に外来を依頼して、昼間にちょっと一眠りして、少し復活。何とか残りの外来をこなして、夕方業務終了(こころなしか、連休後から外来数が多いような気もする)

DSCN2532


疲れたので、自分にご褒美と。先日アメリカから里帰りの方からこれをいただいた。こんなきついときこそと、さっそく封を開ける。

DSCN2530

同じくいただき物の、チーズとサクランボと。2杯で眠たくなってしまって
床に就く。そしてまた朝、よばれて、と。でも朝はすこし、元気になった。


当院の立地は、市街化調整区域で本来のうちである。近隣に開業当初、住宅はすくなかった。しかし、少しづつ宅地化が進み、住宅も増えてきた。また、クリニックの前の国体通りは、結構走ったり歩いている人も多い(私もその一人であるが、最近ご無沙汰)。またクリニック界隈を犬の散歩ルートとされている人も多い。

そうした方々が、最近クリニックの中を通られる、あるいは花の前で足を止めることを目にする機会が増えたような気がする。基本的には、クリニックの敷地は、法人がクリニックの営業のために借り受けてお金を払っている土地であり、ここを利用される方が使用するには何も問題はない。

DSCN2399


散歩の途中で、バラがきれいだ、ということで通っていただくのであれば、よほど盛況にならない限り、診療に問題はないので、そうなることもないであろうから、たぶん問題はない。また現在のようにバラの花びらがちって、近所迷惑を考慮すれば、少しぐらいお持ち帰りされても何も問題はない。

DSCN2448

日曜日、芝も茂るし、花びらも散るしと、ちょっとだけお手入れをした。でも、翌日にはまた散っていて・・・・・

基本的にはバラのお手入れと言っても、花びら集めと、数か月に1回の害虫駆除と、秋以降の剪定がいいところで、なかなか大変であることに今更のように気が付く。でも、バラが大きくなると、花も成熟していくようで、やはり楽しみである。

DSCN2457

これはブラックティーとと思うけど、枯れかかったのが、復活して大輪の花を咲かせるようになった。なかなか味わい深い色である。

なお、散策の途中で歩いて通っていただく分は何も問題はないが、道抜けとしてバイクや車が通ることはお控えいただきたい。結構スピードを出して通るので、診療の方の妨げとなりかねないし、事故が起こっては元も子もない。

また犬の散歩は構わないが、落し物はきちんとお持ち帰りいただきたい。

↑このページのトップヘ