カテゴリ: 仕事

春が来て、夏が来て、秋がきて、冬が来て、そしてまた春が来て、と季節は回る。毎年、春になれば、桜が咲いて、ひばりが鳴いて、と同じ光景が繰り返される。しかし、人は1年たてば、成長する、あるいは老いるし、物は1年くらいでは変わらないけれど、数年あるいは数十年すれば劣化し、修理補修が必要となる。

DSCN1845 (1280x960)

最近、熊本市内の産婦人科医のなかでも少し変化があったと聞き及ぶ。一つには、秋に熊本市民病院が新装開店となるわけで、それにともなう各種施設での人事の移動がありそうである。また、市内では、いくつかの施設が、継代あるいは特化されていく。

以前なら、産婦人科の仕事とひとくくりにされていたし、産婦人科で産科も、不妊症も、婦人科も見るのは当たり前であった。しかし、今の世の中に求められる診療水準を保ちながら、そのすべてを単なる診療所で診ることは難しいかもしれない。

その結果として、その施設にあった方向に特化することは、世の流れかもしれない。少子化、産婦人科医自体の減少、訴訟への対応、求められる医療水準の維持、等からすれば、各施設毎に特色のある方向へと変わっていくのでは、と思う。逆にそうした方向が打ち出せなければ、世の流れの中で、埋没していくかもしれない。

DSCN1844 (1280x945)

こうしたことを背景に、当院(ウィメンズクリニック グリーンヒル)としてはどのような方向にすすむのか、と。

当院は、産婦人科一般の業務として、子宮がん検診、妊婦健診、避妊の各種相談、更年期の相談、日常悩み(オリモノ・ヘルペスなど)などに対象として、分娩を取り扱う施設として存続する方向でと思っている。不妊症に関しては、基本的にはタイミング法やクロミッドなどの排卵誘発まで、婦人科は子宮頸がんや子宮体がんの細胞診検査まで、超音波検査はスクリーニングンとして、というところであろうか。

と、書いても、実はこれは開業以来これしかしていないので、開業以来の方針でもある。

周辺の施設では、最近院長が変わる、お産をやめるという話を聞きお読んだり、あるいは2代目が着任してより一層お産を充実させるという施設もある、と聞き及ぶ。余計な慣れないことをしても得るものは少ないであろう。それよりも、今の診療を、より一層当院なりに、シンプルで精度の高いものにすること、これが目標かな、と思っている。

写真は裏庭のチューリップ。構想では、ピンク色のチューリップと、芝桜の紫と、そしてビオラの黄色といくはずであったが、どうもチューリップがオレンジぽくて、芝桜はまだ全開には程遠い。でも、少しづつ暖かくなる。

3月3日おひなさま、日曜日、当番医であった。しかし、私は都合上、周産期医療技術者育成研修会(午前10時から12時まで)を受講する必要性があり、そのため当番医は西村佳与子医師に依頼して、出席しました。研修会の終了間際に、破水の入院という報告があり、終了後そのまま帰宅し、あとはお産まで院内待機。午後にお産も無事すんで、そして午後5時当番医も終了。ようやくこれで開放だけれど、天気がイマイチなので、そのまま自宅で過ごした。

月末、月初めには、定例の仕事があり、本来ならそうした仕事をすればいいのであるけれど・・・・。こういう時に限って、つまり、院内待機で時間が余っているときに、すればいいとわかっていても、したくないときもある。仕方がない、とあきらめて、お気に入りのことだけで過ごす。当番医のストレスなのか、あるいは天気が悪くて走れないからか、ま理由はあとからなんとでも、なる。

現在(3月4日)早朝であるけれど、睡眠後で気分一新。さて、このブログを書いたら、レセプトに取り掛かろう。

DSCN1586 (1280x960)

さて、今週は、施設見学を水曜日に予定している。懸案事項の一つに、ウィンドウズ7の問題がある。当院の電子カルテはウィンドウズ7のPCをもとに作動している。で、このウィンドウズ7のサポートが今年の年末であり、メーカーからサポート不可と連絡をいただいた。

選択肢はまず二つ。ウィンドウズ10バージョンの現行電子カルテの更新か、あるいはまったく新バージョンの電子カルテに移行するかどうか。そして新しい電子カルテにするならどのメーカーにするか、と。この枝割れが二つあるので、結果として三択である。

現行電子カルテ(DrSeed)の更新の場合、実はメーカーの都合で、5年間の継続は可能であるけれど、それ以降の継続は保証できないという代物である。メリットは、結論先送りの現状維持。最低限の費用ですむけれど、しかし5年後にまた同じ問題が降りかかる。

それでは新たな電子カルテに移行するか、と。その場合の問題は、費用が原稿案に比べ2倍近く膨らむことと、そしてなによりも現行の電子カルテのデーターがそのまま移植はできないということである。

全開のお産の記録を見たいと思っても、カルテが違うので、閲覧できません、では困る。まして、医療データーの保守義務という問題がある。そしていまはまだいいけれど、いつの日か私がぼけてしまったら(あるいは不治の病や突然逝ってしまったら)、皆様のデーターを知るのは私一人で、データーが闇に葬らせるわけにはいかない。

まだ私がしっかりしているうちにそうした体制だけはきちんとしておきたい。

なので、そのために実際に運用している施設状況を見学に行って、その施設で様々な確認をしたいと思っている。でもあまり遠くにも行けないので、福岡なら、万が一何かがあっても1時間強で帰ってこれる。ということで、3月中に福岡市で2施設の見学をと思っている。

実は2月にもいこうと計画していたけれど、悩ましいお産の患者様の対応で結局行けなかった。今週も行けるという確約はできないけれど・・・。さて水曜日どうなることやら。

DSCN1585 (1280x926)

写真は、裏庭。

DSCN1588 (1280x961)

冬場はビオラで、春先から芝桜、クロッカス、チューリップ、そして芍薬、百合と続き、その間に趣味のアスパラガスと枝豆と思っているけれど・・・。枝豆だけは今から種まきであであり、ビオラも1年草である。それ以外は宿根というか、多年草なので、あとは待つだけのことである。そして、たぶん昨年植えた日日草とバジルから自然に種がこぼれて芽を出すことを期待している。

PS
下書きのままで、公開していなかったことに気がつき、記載は少し前であるけれど・・・


松竹梅。松コース、竹コース、梅コースとなると、大体松が高額で、梅が最廉価のコースであることが
多いと思う。赤青黄色といえば信号であるけれど、これもまたトリアージとして、緊急の現場で利用されている分類コードであろうか。

当院でも、実はお産に関しては、レッド(赤)・イエロー(黄)・ブルー(青)のコード分類がある。レッドは、大至急分娩室へということであり、イエローは可及的速やかに、ブルーはそろそろお産なので、という意味合いである。

当院は基本的に一人医師の診療所なので、平日昼間は外来診療となる。その間にお産が並行している場合、外来診療中にスタッフが背後に赤黄青の旗を振って、私にサインをおくる。で赤であれば、申し訳ないけれど外来診療を中断して、ということであり、黄であれば、その患者様の診療を終えて、ということであり、青であれば外来を数名こなして、ということとなる。

DSCN1592 (1280x994)

松竹梅にしても、赤青黄色にしても、これは3段階評価の指標であろうと思っている。つまり、瞬時に事態を3つに分類して、急を要する事態には早急に、そのためのコード分類としてわかりやすいものをということである。3択という選択肢は、わかりやすい指標ではないか、と思っている。

私はこらえ性のない人間で、待たされるのが嫌だ、という人格である。さっさと行って、さっさと帰る、という話を以前に書いたような気がするが、基本はそれである。なので、長ったらしい説明を延々と聞かさされる、なんて願い下げであるし、どこそこのレストランで待ち時間も含めてゆっくりと過ごすなんてこともできない。

道や場所が混むことが予想されるような場所にはできれば近づきたくない。とはいえ、それでは社会生活が送れないので、時に覚悟して臨むわけであるが・・・・。

DSCN1593 (1280x960)

診療という世界は、私一人ではなくて、相手のいることであるから、その対象である患者様に事態をきちんと理解いただくことが重要なことである。ただその説明を行う際に、どこまで説明するのか、という問題が常に存在する。

医療過誤をおそれて、何から何まで文章にして、ということになるととんでもなく時間がかかる。で、その結果として、何を伝えたいのか、という本質がわからなくなってしまう。本質は、手術をする、どのような治療をする、どこそこに紹介する、ということであるけれど、その枝葉が多くなれば、本質が隠れてしまう。

繰り返し根気よく説明する、ということは大切なことである。しかし、その態度ですべての事態に臨んでいては、とても日常生活も含めてなりたたない。ある程度即断する必要があるし、そのためにも事態は簡便であるほうがわかりやすいし、伝えやすい。

なので、私の中でも医療はできるだけ簡便にわかりやすく三択で、ということになる。なので、当院のアンケートに、院長の診療は簡潔とか、必要事項以外は言わない、必要最小限とか、そっけないとか、書き込まれてしまうのである。でも、私にとっては、これは賛辞であると思っている。わかりやすく相手に伝えるためには、必要時には長く説明するとしても、通常は手短に、と。

と同時に、外来と分娩が並行している現況ではそうせざるを得ない、というのも本音でもある。

DSCN1594 (1280x956)

職員にも、出来るだけ簡便な報告を求めている。たとえ複雑な症例であっても、自分の中でまとめて簡略版で院長に報告すること、と。複雑な症例を自分の中で理解して、そのポイントを外さないようにきちんと報告するトレーニングであると思っている。

だらだらとすべてを最初から報告するような話はあまりのぞましくない。というか、聞いていてだんだんどこが話の重要点がわからなくなる。で、相手に途中で聞き返すという事態になるわけで・・・。

つまり、事態を自分なりに判断して、分類できるというとは、それなりに事態を評価できるということでもある。短時間で即断し、次の事態にすすむ、これが”さっさといって、さっさとかえる”、の神髄である、と個人的にはおもっている。

ちなみに、誤解のないように解説すると、さっさといって、さっさと仕事を的確にこなして(手抜きをすることなく)、さっさとかえる、ということである。手抜きをしてさっさと帰ろうものなら、後々その修復で手痛いしっぺ返しを受けるので、決して手抜きをしてはならない、と固く信じている。

DSCN1597 (1280x960)

写真はそろそろ中庭で咲き始めたクリスマスローズである。

懸案事項という物は、ようやくなくなった、と思ったら、また新たなものが次から次へと登場してくるもので、なくなることはない。というか、逆にいえば、何らかの事態が生きている状態であれば、その生き続けるためには日々の問題が発生することは当たり前のことであろう。


なので、懸案事項をあれこれ嘆いても仕方ないし、手をこまねていれば、たまっていくだけである。なので、ぶつぶつ言いながら、順次片付けていくしかない。これは私に限らず、皆様も同じことであろう。とはいえ、片付けやすい問題から、面倒なものまで、玉石混合であるから・・・。

DSCN1532 (1280x928)

現行の懸案事項は、4月からの無痛分娩に対するクリニックの診療体制の確立、院内電子カルテ更新機種の選定、新たな医療機器の導入、各種の熊本県や熊本市への報告事項、年度末会計の用意、非常用電源のメンテナンス問題、スタッフの補充と続くし、臨床においても、最近出血が多くて送った患者様のその後の容態も気になるところである。ま、問題は挙げればきりがないし、たぶんこれ以外にもあることであろう。

昨日の水曜日、手術もなく、本来なら休息日に当ててもよさそうなものであるけれど、そうした懸案事項の解決のために各種の対応があり、それで一日終わってしまった。あーあというべきか、仕事が少し片が付いた、というべきか。確かに出口が見えたものもあるけれど、混迷を深めた事態もある。

DSCN1600 (1280x961)

懸案事項だから、そう簡単には解決しないのであるけれど・・・。まだ時間に余裕のあるうちに、解決のめどを立てたい。でも、各種の議論は決してむだではないな、と思うこともある。実際業者とのやり取りで、少し方向性が見えてくるという一面もある。

やはり一気に決めてしまうと、後日思い至らなかったことを嘆くこととなる。個人的なことであれば、それは私がおバカさんであったということでいいけれど、クリニックのことに関しては、いったん設置してしまうと、後々まで尾を引くので・・・。実はそうした問題が一つあって、この問題は半ば解決したけれど、尾を引いている。ああ、どうしてこの企業と契約してしまったのか、と嘆いても、機械のメンテナンスは残っている、ということで、見るたびに思いだす。

DSCN1601 (1280x960)

クリニックの裏手に、麦畑がある。この寒い時期に、緑の穂をだし、元気だなと。

さて、自分の判断を嘆いて、後悔しても仕方がないので、でそうした場合に妄想に耽ることとなる。最近の妄想は、リタイア後に行くワイナリーである。一番行きたいのは、チリであるけれど、色白調べれば、日本でも、アメリカでも、イタリアでも、南アフリカでも、オーストラリアでも、といっぱいあるな、と。私の場合、どこかのワイナリーにちょっと滞在して、地元の料理を食べながら、しばらくそこですごす、そうしたパターンであちこち移動したいな、と。

ウィメンズクリニック グリーンヒルの2019年2月現在の院長は私(西村宏祐;にしむらこうすけ)であり、性別上は男性である。なので、女医診察を希望される場合、他院で女医が常勤する産婦人科か、当院であれば、土曜の午後の外来をお勧めしている(土曜の午後は、代行医師が診療する場合が多く、その場合女医の可能性が高いので)。


国によっては、産婦人科医は女性しかいない国があるときくので、そうした国で生活されて、日本にきて、産婦人科診療の場に男性しかいないと、しり込みをされるというような話も聞く。


なにはともあれ、グリーンヒルで主に診療するのは、私であり、今しばらくは院長を続けるであろうから、グリーンヒルで診療をという場合には、私が診察をするということをご理解いただきたいと思っている。

DSCN1325 (1280x961)


さて、私は男性であるから、妊娠することはないし、できない。(昔、男性が妊娠するという映画があったような・・・・。アーノルドシュワルツネッガー主演?)なので、出産の喜びも、痛みも直接味わうことはできないけれど、その場に立ち会うことで(というか立ち会うことが仕事であるけれど)、皆様からの喜怒哀楽を分けいただくということになる。


できれば苦しみはいただきたくはないけれど、でもやはり時にはという場合がある。つわりのきつさ、生理痛のつらさ、そして妊娠を途中で断念せざるを得ないそうした思い、そうした様々な思いや辛さはやりきれないものであり、私自身にできることはそうした思いや辛さを少しでも和らげてあげることしかできない。

あくまでも、これまでの過去の経験から、そして人間としての思いから様々なアプローチを試みるわけで、それがうまくいけばいいけれど、やはりなかには私からのそうしたアプローチを不快あるいは不愉快に思われる方もいらっしゃるかもしれない。男にはわからない、とか、妊娠したこともないくせに、と・・・・。

出来ること、出来ないことがあり、どうしてもできないことは、寄り添うしかない場合もある。ただ、そうした場合、寄り添うことが医療となる場合もあれば、正確な状態をきちんとお伝えして一線を引くことが医療となる場合もある。なかなか、こうした判断を診療という限られた場所と時間の中で的確に判断することは難しい、と思っている。でも、その限られた中での的確な判断が下せて、その結果として望ましい状態となることは、当たり前であるけれど、それがプロフっションである、とも思っている。

とはいえ、その判断を誤ると、どこそこの口コミにあれこれと書き込まれてしまうのであるが・・・。ま、それも私である。

DSCN1328 (1280x960)

さて、今日の写真は、散ってしまった白梅のそのあとである。大体盆栽の類は、手入れが悪く、夏になると散水不足で枯れてしまって、翌年はお目にかかれないことが多い。白梅も咲いたけど、後どうしようか、と思い、そのまま部屋においていたら、葉っぱが出てきた。もう新緑だ。となると、この2月に外に出すことはできない。新緑の緑もいいものかもしれない。

問題は、部屋の中で北に面した窓である、ということであるが・・・
DSCN1057 (1280x956)

こちらは咲き始めのころ。

↑このページのトップヘ