カテゴリ: 仕事

父のことをこうやって数回にわたって書いている。これは私の心の整理ということで・・・。今しばらくお付き合いをいただきたい。

CIMG5977


父は40歳で西村産婦人科医院を開業し、82歳ごろに閉院し、その10年後に93歳で亡くなった。閉院後から少しづつ父の元気がなくなった(生きがいをなくした)と思っていたが、考えてみればそれなりの年齢でもあった。ただ、ここ数年は認知症がすすみ、そちらの方がより残念であった。やはり生活を一緒に営んだはずの子供の名前を憶えていないのは少し寂しい。

父が還暦の頃は、33年前である。で、開業医生活でいえばちょうど折り返しの時点でもあった。父が還暦の頃、私は27歳であったことになる。当時の私は、医学部を出て、研修医を経て、医学部の大学院に進学していたころである。

父と同じように開業医となり、診療を続けて、そして還暦を迎えた。ここ数年診療を1日続けると疲れたと感じるばかりである。なので、妹の西村佳与子医師あるいは青木医師が午後の診療をおこなってくれると非常に助かるし、私の負担も減る。

そうした時期を、父は一人で黙々とこなし、それもそれから22年間も続けたことになる。自分でやってみないと体感できないことであるが、還暦を超えるまでも大変で会ったろうけれど、そのあとがもっと大変であったであろうにと、思うばかりである。なので、今となっては、診療が終わって自宅に帰れば、さっさとビールの栓を開けて、というのも十分に理解できる。今の私も、一日の診療が終われば、もうおしまいモードでゆっくりしたい。ここでゆっくりしておかないと、翌日の診療が、と感じる。

慣れないことをして、つかれるよりも・・・。なれない食べ物に手を出して、つまらない思いをするよりも、いつものように安定した何かでゆっくりできる方がはるかにいい。いま、ようやくそうした心境が理解できるし、共感できる。もっと早くこうしたことに共感できればよかったのであろうが、これまでの私では理解できなかったことであろうし、共感しようともしなかったかもしれない。

CIMG5975

私が小さかったころ、この時期は白川公園で植木市が開かれていた。私の父は園芸作業はしていなかったと思うが、毎年植木市には連れていかれていたような気がする。人だかりの中を、家族で回っていた。綿菓子を買っていたような覚えもある。

季節は廻る。その中で人の営みも少しづつ変わる。私も結婚し、子供ができて、開業し、と。私も当然ながらいつかはリタイアをするわけであるが、果たして今から22年も開業をつづけられるかな、と。

写真は10年前の戸島で植木市が開かれていたころのもの。

当院は土地を借りて建物が作られている(いわゆる定期借地法に基づいている)。当然その地主さんであれば、当院の経営状況は気になるところであろう。また周囲の農地の一部は、同じ地主さんの土地であり、そこで水田耕作を営んでいることもあり、1日に2回くらいこの界隈を犬を連れて散歩されている。そうやって回って、水田の状態を見て、当院の状態を見て、ということであろう。

さて、その地主さんから、最近駐車場に止まっている車が少ないと心配されてしまった。お産も減っているのでは、と。


DSCN1003

確かにその見立ては正しい。確かに今は駐車場に止まる車は少ない。また、昨年の分娩数は、その前年より10%くらい少なかった。さすが毎日見ていれば、と慧眼に恐れ入る。

しかし、お産の変動数は、毎年の変動数の範囲内と思っているし、外来受診総数はあまり変化がない(これは少し前に当院の2020年の統計で報告した通りである)。で、何が違うかというと、新しい生活スタイルに伴う変化である。

もともと、当院の外来は、あっさり系で、さっさときて、さっさと帰る、ということでお越しになる皆様のクリニックの滞在時間は短かった。しかし、あっさりしているからといって、内容が薄いわけではなくて(あっさりだけやおましまへん)、それなりのスタッフの分業で、工夫しての診療であるし、このスタイルを変えたわけではない。

変わったのは、お供の方々である。現在、待合室で待機いただくのは、原則として受診される方ご本人のみのとしている。どうしてもお子様を預けられない場合には、お子様同席も仕方ないけれど、基本はお一人でと。その結果、待合室はスカスカの状態である。そのため、次の患者様への連絡も早いし、お付き添いの方に時間を取られることもなく、スムーズに外来はまわる。

また入院の方のご家族は、出産当日はおひとり様まで立ち合いができるが、以後は面会はお断りをさせていただいている。また家族の宿泊もお断りさせていただいてる。そのため、付き添いの家族が不在となり、そのための車も減っている。

DSCN1005


こうした事情で、駐車場に止まる車は少なくなっている、と思う。また現在の分娩予約の状況からすれば、2021年の出産数も例年前後を維持すると思っている。

写真は少し整地された麦畑。こちらの畑の地主は当院の地主ではないけれど・・・

まだその技量がないころは、手術の外回りで、手術中は勉強するというより、雑用係で忙しかった。手術が順調にすすむように、そして術者が怒らないようにと配慮することで。そうした研修医の頃から月日がながれ、助手を務めて、そして執刀医となり、と。

現在、当院で私が執刀するのは、帝王切開と流産手術くらいであるけれど、ある意味私が王様であるから、術中威張っているかもしれないな、とふと思った。

確かに手術中は、瞬時の判断が必要であり、かゆいところにスパッと手が届かないと面倒なことになる。しかし、自分でやっていてもうまくいかないことがあるわけであるから、他者であれば当たり前。できるだけ気持ちを高ぶらせないようにとと務めているつもりである。怒ってスタッフに物を投げるなんて行為はしたことはないが、言葉の暴力はあるかもしれんな~と。

また、怒ったことで、手術がうまく進むはずもなく、かえって気持ちが高ぶって冷静さを欠くし、火に油を注ぐ行為はのぞましくない。なので、淡々とするようには心掛けているけれど、それでも時に・・・。スタッフの皆様、そして患者の皆様、若輩者で申し訳ありません。

DSCN4846

最近、帝王切開後の体の疲れを意識するようになった。還暦だからかもしれない。なので、帝王切開後に診療となると、ちょっと体が進まない。緊急帝王切開ならば仕方がないが、緊急帝王切開でなければ、できるだけ私の負担がすくないように、と考えている。そのためにはスタッフの充足、執刀時間への配慮が必要である。

また不思議なもので、これが助手だとその負担は大きく減る。お気楽にできるからかな、とおもうけれど、やはり背負う責任の重みが違うということであろう。開業医であり、院長であり、理事長であり、すべての診療行為の責任の重みは結構重たいのである。

となれば、やはりこの重みから解放されるのは、引退の時しかないわけで・・・・。ということは、引退できるまでは、あれやこれやと工夫しながらその重みを減らす、あるいはその重みから早期に回復する手段を考慮するしかないわけで・・・・


DSCN4845

これは去年のバラの種の発芽。こうした園芸も気分転換として必要である。とくに今は膝の調子がわるく、しゃがみたくないので、立ってできる作業で考えると、この週末に種集めをして、と。問題は、肝心の種があるかな、と。

2020年の統計の話である。2020年1月1日から同年12月31日までに、当院では530名の出産がありました。うち自然分娩が250例(47%)、無痛分娩が139例(26%)、帝王切開が90例(16%)、1例は死産でした。2019年が569名の出産であったので、39名の減で前年比約7%の減少となります。これは、世の中の流れの少子化による影響なのかもしれないし、想定される変動の範囲なのか、判断に苦慮するところです。

以前母子手帳の交付数が2020年はコロナの流行後に減少し、2021年はさらに少子化がすすむと報道で聞いたような覚えもあります。そうなると2021年はさらに減少するのかもしれません。でも、だからといって、営業活動をすることはないし、日ごろの診療を普段通り続けるだけで、少子化の流れがいつの日か反転することを願うばかりです。少子化、そしてこのコロナ流行により、日本という国が、このままではさらに衰退しそうで・・・。今各地で生まれている新生児が大きくなったころに日本という国が元気であってほしいし、そのためには次世代、あるいは次々世代の未来が明るい物であってほしいのですが。


DSCN1001

2020年は外来も少なかったような気がしていました。しかし、実は2019年の受診者総数は14511名で、2020年は14478名であまり差がないことに気が付きました。2018年が13894名でした。

感覚として、2020年4月のコロナ流行以来、外来数が1-2割減ったような気がしていたのですが、意外と減っていなった。ただし、妊婦さんの受診は、分娩数が少なかった分、減っています。ということは、その分婦人科の受診があった、ということでもあるわけで・・・・。

一部の診療科では、コロナの流行により、外来数が減った、と聞いています。3密をさけ、感染症対策をすることで、各種感染症の罹患が減少し、その結果そうした受診者数が減った、と。実際当院でも今年はあまりインフルエンザの話がありません。インフルエンザワクチンが有効であったのか、あるいはコロナウィルスとインフルエンザウィルスは共存できないのか、不明ですが・・・。

なので、当院の発熱外来にお越しになる方は、予想通りというか、乳腺炎の人が中心であり、鑑別のためにコロナ感染を調べるということが多いようです。

当院での自由診療は、ピル、緊急避妊、子宮がん検診、そして妊娠に関するものです。希望があればブライダルチェックなども行いますが、プラセンタやアンチエイジングなどの自由診療は私が苦手であり行っていません。ということで、当院にお越しになる方は、それなりの必要性のある方の受診だから、外来数が減っていないのか、と。

ただし、2020年4月より、外来受診時に家族のお付き添いをお断りしています。また入院された方々への面会も出産当日を除きお断りしています。そのため、外来や待合室の繁忙がなくなりました。そこで、結果として外来数が減ったと感じたのかな~、と。

私個人としては、”さっさとやって、さっさと帰ろうぜ”、という信条なので、現行はありがたい限りです。なお、誤解のないように書き加えておきますが、さっさとやるということは手を抜いて手短にするということでは決してありません。なぜなら手短にやって、手抜きで後々見落としが判明するともっと面倒なことになるので、手抜きはせず、きちんと手際よくやって、その結果として速やかに診療が終わることが一番であると思っています。

そういえば、先日の妊婦健診時に妊婦様から当院での妊婦健診は早くていい、とお褒めの言葉をいただきました。それでも1時間程度はかかっていたと思いますので、他施設と比較されてのことであろうと思いますが。各スタッフが各業務を責任をもって行い、私は私の範囲のことを確実に行うこと、これが当院のスタイルであり、今後も継続できますように。そしてその結果としてそれなりの評価をいただき、みなさまにお越しいただけるように、と。

DSCN0997

写真は中庭の蠟梅。青と黄色のコントラストがなかなか気に入っています。


過去2回に書いたように、妊婦健診は母子保健法に基づき行われている。実際には、国の定めた法律に従い、各自治体が各産科施設に項目を委託する、という形となっている。体重や血圧などの項目はわかりやすいけれど、でも、体重計の精度や、血圧は測定方法によって微妙に異なる。尿糖、尿蛋白も、通常は試験紙法を使うことが多いと思うけれど、施設によってはきちんと定量をしているところもあるかもしれない。

感染症の検査となると、さらに面倒で、検査方法によって評価が異なることもある。抗原を調べるのか、抗体を調べるのか、あるいはPCR検査をするのか、と。大きな病院であれば院内ですべての検査が可能かもしれないが、当院のような診療所であれば、迅速法以外の検査はほとんど外部委託である。当然ながら、委託する会社によって、検査方法が異なることもある(感度、各種測定法など)。

DSCN0966


超音波検査も同様である。というか、まず使用する機器によって見えるものが全然ことなる。4D超音波ができるような機種であればそれなり画像解像度があるけれども、その4Dによっても高度医療施設で使用する機器と、当院で使用する機器には大きな差がある。その最大の理由は超音波機器のお値段である。ましてや、妊婦健診を行わない施設であれば、4D超音波は不要かもしれない。といっても、最近は不妊症施設での4D超音波採用もあると聞いているが・・・。

さらにいうならば、超音波機器を取り扱う術者の技量にも当然差があることであろう。それなりのものが見えることで、それではこれは?という疑問も生じる。しかし、見えなければ疑問も生じない。まして、産婦人科医師となって、月日がたてば、最新の医療知識は習得できても、超音波機器を適切に取り扱い、適切なパラメーターをすべて検索することは難しい。

最近はガイドラインはやりで、産科診療ガイドラインに従って、超音波の検査を行うことになるけれど、私のような60を超えた医師が、そのすべての項目をきちんと見るなら、それなりの時間がかかるし、それを毎回行うことは不可能である。ましてや、私の観察した項目が、本当にガイドラインに従った項目なのか、確認するすべはない。

以前里帰りの方がいらっしゃった。残念ながらその方の超音波検査はBPD(児頭大横径)のみであった。妊婦様にお尋ねすると70近い高齢の医師であった、と伺った。で、当院で計測するとどうも小さいようで、それからあれこれ検査した。逆に、児が予想以上に大きい場合もあった。どちらにしても、一定の幅をもって胎児は生育するわけであるが、その枠を超えていれば、当院での出産は難しく、専門医を紹介という形となる。

DSCN0967

妊婦健診を行って、正常に普通に生まれる方が一番多い。でも時には何かが健診で見つかって、どこかに紹介という場合もある。そしてさらにいえば、何も見つからなかったけれど、生まれたら大変であったということもあるかもしれない。

残念ながら、すべてをきちんと予測することは難しい。せめて、私と当院にとってできることは、可能な範囲でできることをということになる。まして今はコロナ過が叫ばれる時期であり、コロナの感染をさけるために3密を避け、濃厚接触をさけ、ということであれば、適切な時間で検査が終了することも望ましい。くりにっくのなかで多数の人が長時間滞在することは望ましいことではない。

つまり、現行の当院の実力の範囲内で、適切に健診を行うことが望ましいわけで、当院の実力では対応できない時には早めに高次医療施設に相談するあるいは搬送する、という現況を続けざるを得ないかな、とも思う。

2020-12-17 12.27.55

写真は中庭の蠟梅である。1月14日に、待合室側から見たときに、まだ葉っぱが落ちていないせいもあるが、咲いていない、と思っていた。1月15日国体通り側から見ると、数輪咲いていた。(一番上の写真)。でもまだつぼみが多い。あらためて中庭にはいってみると、かすかに香るような・・・・。

蠟梅は、この寒い時期に咲くことも一つであるけれど、その寒い中にかすかに漂う香りも楽しみの一つである。残何ながら、待合室でお待ちの方々には、においを届けることはできないけれど・・・・

↑このページのトップヘ