カテゴリ: 仕事

 私の父は産婦人科医であり、その影響もあり私も産婦人科医になった(ここら辺の経緯は開業にまつわる話で書いたような気がする)。父が産婦人科医になったころ、それは第二次大戦の戦後の復興期であり、日本という国に活気があり、医療の世界もにぎやかで、第一次ベビーブームのころで、産婦人科の世界もにぎやかであった。当時は人気のある科で、志望する人も多かった。

日本という国が戦後の復興期を脱し、繁栄を極め、陽の上る国としてちやほやされたころがちょうど、私が青少年の頃で、そのころ繁栄の陰で、少子高齢化がささやかれるようになり、産婦人科を含めて複数の科が人気薄となった。共通するのは、どの科も医療の世界において基本的な科であり、拘束時間が長く、訴訟案件の多い科である。華やかで、実入りのいい分野や、自由な時間の多い分野がこのまで、そして様々な科が新しく創設されこともあり、以来産婦人科の暗い時代が続くことなる。

とはいえ、地域によっては、産婦人科が元気なところもあるので、時代の流れとは言え、あとはそこに企業努力が十分であったのか、という一抹の疑問は残る。

また医師の世界にも働き方改革が叫ばれ、私の以前所属していた大学の医局も主治医制から、グループ診療性になったとも聞くし、夏休みや春休みも含めて、有給がとりやすくなったとも聞く。なので、そこそこ働き方改革は産婦人科の世界でも進んでいるような気もする。

2020-05-05 15.44.30

確かに働き続けて、疲れてしまって、頭の働かない状態では、何をしてもうまくいくはずはない。休息そして、リフレッシュは必要なことである。私になりに、休息をとり、リフレッシュをすることで、何とか今に至った。人や医局の世界はともかく、私は、私なりの経験で今があり、そして今診療することができて、そしてこのGWでこうやって過ごせるだけで、それで十分であると思っているし、ありがたいことでもある。

コロナで様々な制限が出て、いくつかの分野では苦境に陥っていると聞く。たしかに当院の診療においても、外来にお越しになる方が少し減って外来受診数は10%前後減った。当院の診療は自由診療が中心であるが、妊婦健診が主体であり、そこには補助券があることと、分娩に関しては、待ってくれるはずもないので、妊婦健診自体は依然と変わらない。

変わったのは、妊婦健診時にお付き添いでお越しになる配偶者の方や家族の方の制限を行い、車で待機とするという方針に変えたことと、里帰り分娩を推奨しないという方針としたこと、そしてクリニック内での各種教室を中止したこと、などにより診療のスタイルが変わった。

でもそのおかげで、クリニック内の雑然とした感じがなくなり、私の仕事も減った。立ち合い分娩も原則中止としたので、あるいみ医療の原点に返った、ということかもしれないが・・・。

2020-05-05 15.46.53

不要不急の外出を控えて、必要なところにだけ、最小限の数でいく、ということになり、外出の機会もへり、外傷の機会も減ったときく。また自由診療を中心とした分野では、必要な手術・治療以外は当面見送りとなれば、やはり診療自体が減ることなる。つまりコロナウィルスの流行で、コロナウィルス関連の対応でてんてこ舞いの医療施設、不要不急の治療を控えた結果診療滞り停滞する医療施設、そして基本的な診療として普段通りの診療を続けなければいけない医療施設、と今の医療の世界は分かれているのでは、と思う。

このコロナウィルスの収束にはまだまだ時間かかりそうで、それまで各人あるいは各施設の踏ん張りどころであろうし、そのために様々な支援もある。

そうした流れの中で、60目前の私としては、私がコロナにり患すれば60歳の高齢者になるのかな、ならば生存できるかな、などと考えなくもない。しかし、あれこれ考えても、現況が変わるはずもないし、目前の仕事が変わるわけでもないので、結論としては、スタッフあるいは施設でのコロナウィルスの侵入を阻止しながら、普段通りの診療を続ける、ということになる。

以前の変わらぬ診療を続けることができる、という当たり前のことであるけれど、それが結構なぜいたくに思える今日この頃である。

2020-05-05 15.45.41

5月5日、天気が良くて、我慢できずバラ園に行くことにした。でも、水俣もカントリーパークでもバラは見れないと聞いた(3密対策)。で、ここならどうだと、運動公園に行ってみた。残念ながら盛りを過ぎていた。

そういえば、去年もGWの雨の頃に行ったような・・・。来年こそは4月にいこう。そして、今日はたまった仕事に精をだそう。レセプト業務、各種請求書の整理、とやることはある。(ただし、オンラインの銀行業務は不可である)

2020-05-05 15.44.25

2020-05-05 15.43.14


増やすのは簡単で、減らすのが大変なものは、もちろん、体重である。妊婦健診で外来を見ていると、大きく3つに分かれるような気がする。


1どんどん体重が増えていく人
体重増加を自覚している人もいれば、いっこうに自覚のない人もいる。他人事のように。そうしたときに、できれば適切な体重増加をお勧めするのであるが、やはりそうした人の体重コントロールは難しい。そして妊婦健診を指導する側としては、やはり適切な体重増加を指導する形にしておかないと指導にならない。あとはその指導に従うか、どうかであるが・・・。大多数の人はたぶん摂取するカロリーと運動による消費するカロリーの差であろうと思うけれど、時になんでこれくらいしか食べないのに、こんなに体重が増えるの?というミステリーじみた人も存在する。


2適切な体重増加の人
一般的に8-12kgが適切な体重増加である。本来なら、その人の体型、食習慣に応じて適切な体重増加が存在すると思うけれど、ま、一般的にはこれら区の体重増加なら適切と評価される。ただこうした人の中にも、妊娠糖尿病で厳密な食事のコントロールをしている人から、気ままに食事をしている人までさまざまであるが、でもま、この範囲内の体重増加なら、私がどうこう言う必要はない。

3どんなに食べても太らない人。
妊娠の初期から体重の増えない人が時に存在する。もともと、食事の量が少ないのかもしれない。そして妊娠したからといってもそう変わらないひとである。なので食べても数kgの体重増加に収まり、お産がすめばほぼ元通りの体重となる。ま、そう多くはないけれど、存在するのは事実である。こうした方々において、新生児の出生時の体重とその後の推移はちょっと気になるところである。妊娠中に女性が過度の体重コントロールを行い、軽度の飢餓状態の女性から生まれた児には、将来肥満その他の成人病のリスクが高い、という話を聞いたような気もする。でも、あまりダイエットをしたわけでもないし、普段通りという人であれば、不要な心配のような気もする。

付則として、妊娠初期につわりで著しく体重が減る方もいらっしゃる。これらの方もその後の推移はやはり人さまざまで、結果として出産時に妊娠前の体重と人もいれば、出産時には20kg近い体重増加という人もいるわけで・・・。ま、私としては、妊娠前の体重と、出産時の体重で分類しただけの話であるから、これらの人も最終的にはどれかに属することになる。

DSCN4804

あまり体重体重とは言いたくないし、本来体重は大切な個人情報でもある。でも、妊婦の体重コントロールが不良、ということはその妊婦様の妊婦健診を行っていた施設の指導不足であるとも思う。仮に体重増加のために難産になって、その原因は産科の指導不足といわれたら、困るよな、とも思う。

それではどこまで指導したら、OKかという想定もなかなか難しい。

ということはやはり、私としては増やすのは簡単、減らすのは大変と常に独り言をいって、皆様に理解してもらうしかないのかな、とも思う。

自分自身の体重さへコントロールできないのに、人様のコントロールなんて、と思わないでもない。でも、仕事だし・・・。それにやはり体重増加著しい妊婦様から無痛分娩をとか、帝王切開をといわれて、背中に針を刺すときに感じるあの感覚(どこまで針がずぶずぶと深く進む)はできればあまり遭遇したくないな、といつも思っている。

DSCN4804

先日農業公園のバラを見損ねたので(春の植木市で混雑)、帰りがけに運動公園のバラ園によってみた。冬場の剪定がされていたが、一部手の回っていない場所もあったような・・・。やはりどこでもバラのお手入れは大変である。

さて、今日はちょっとでもできるなら、しようかな、と。





当院での体重測定は、外来の片隅にある体重計に乗っていただいて、それでの自己申告である。着衣のままの体重であるから、冬場は重たい衣類があれば、その影響は出るかもしれない。しかし中にはその重さを減らして、自己申告されている方もいらっしゃるかもしれない。

ちなみに、当院の体重計は、数年に1回、計量器の精度を確認していもらっている。ので、体重計の精度はそこそこに保たれいると想定する。

妊婦健診の項目は、母子手帳では、日付、妊娠週数、腹囲、子宮底長、体重、血圧、尿糖、尿たんぱく、浮腫、その他の項目を記載する欄がある。母子手帳が考案された当時と、現在の状況からすれば、あまり意味のない項目もあるし、一部の医療機関では記載を行っていない項目もある。当院では、現状そのまま記載している。

これらの項目の中で、当院で重要視されるのが、日付、週数、体重、血圧、尿たんぱく、そして超音波検査と各種追加検査となる。これ以外の項目は参考値ということになる。血圧の場合は、基本は収縮期血圧を重視する。130㎜Hgを超える場合には、平常時の自宅での血圧の記載をお願いしている。尿たんぱく陽性の場合、真の蛋白尿陽性かどうかを追加検査する。そして体重である。

DSCN4773


妊娠中の適切な体重増加に関しては、母子手帳の後半に記載があるし、その界隈に妊娠中の食事の摂取についてのいくつかの注意事項がある。母子手帳に記載されている内容は種々雑多で以外と多くのことが記載され、それを隅から隅まで目を通すことは難しいかもしれない。しかし、妊婦様であれば、できれば、一度はお暇な時間(産休中、あるいはおそで入院した時、産後の入院期間で時間があるとき)に一度でも目を通していただければ、と願っているが・・・

さてその体重が、1か月に2kg以上の増加であれば私から注意を受けることになる。体重は大切な個人情報であるから、その体重のことであれこれ言われたくないであろう、というのは容易に想像できる。しかし、体重が増えて、みすみすお産を難産にして、あるいは帝王切開の頻度を上げる必要ないであろうし、回避できることは回避したい。

もっぱら体重増加の著しい場合には、このままの体重増加続けばとグラフを書いて予定日ころには非妊時よりこれだけ体重がふえますと説明もする。そしておもむろに食物調査のためのノートを渡す。この食物調査ノートで、食べなくてもいいものを食べていませんか、と確認してもらう。

体重を申告して、食物調査までされるなんて、個人情報の侵害と思われる方もいらっしゃるかもしれない。それに嫌気がさして他院に転院ということもあるかもしれない。

でも、体重コントロールが不良であれば、結果として苦しむのは、妊婦様と私である。妊婦様はお産で大変な思いをするかもしれないし、そして産後の体重減少が大変なこととなる。運よくあるいは不屈の意思で20kg近い体重を減らす方もいらっしゃれば、途中で挫折して、お残しになる方もいらっしゃるわけで・・・。

私としても、体重増加の著しい方から急遽無痛にしたいといわれると、正直言って困ったな、と。無痛希望といわれて、背中の部分を触って、背骨の隙間がわからないくらいにお肉がついていて、そのなかを一生懸命触って、何とかスペースを見つけ出して、その部分に硬膜外穿刺の針を進める。この硬膜外穿刺の針の外筒は8cmある。大体の人は3cmから5cm前後で到達するけれど、6cm7cmと針を進める場合も時にある。何とか1発ではいらないかな、と念じながら針を進めているわけで、入らないとまた穿刺を繰り返すことになる。

また帝王切開をする際にも、皮膚を切って、脂肪を切って、それから腹直筋の筋膜に到達するまでに分厚い脂肪層を切る場合にも、時にちょっと不安を感じる。あとに傷がきれいになおればいいな、と。子宮の周囲には脂肪は存在しないけれど、この腹壁の脂肪が赤ちゃんを取り出すときに邪魔にならないように、すこし傷はひろげなくてはならない。

等々の思いを抱きながら、対応に臨むわけである。なので、時たま体重増加の著しい方で、里帰りをするといわれるとホッとする反面、里帰り先で受け入れる先生には敬服する。できるだけそうしたことのないように指導をしたいと思っていても、なかなか体重コントロールは難しい。自分自身の体重さへコントロールできないのであるから・・・・。永遠の課題であろう。

DSCN4771

1月にバラの実を壊して種をまいた。一向に目が出ないな、仕方がない、そろそろ枝豆でも植えるかと思っていた。すると、なにか1本目が出てきた。果たしてこれが本当にバラの苗かどうか、それはまだわからない。枯れるかもしれないが・・・。


なかなかストイックに生きていくことは難しいので、そうなると思わず目先の欲に目がくらんで、ついつい手が伸びて・・・というのは、大体の人に当てはまると思う。こう書いている私も、その一員であり、だから大学卒業時から25kgも体重が増えていた。


大学時代は、まだラグビーをちょっとだけやっていたから、現役時代はそれなりに食べてもカロリーを消費できていたから、体重は60kg前後で推移していた。ラグビーを通して、さまざまな社会勉強をさせていただいたし、酒と肴についてもつらい思い(二日酔いならぬ三日酔い)で十分に学ばせていただいた。しかし、その結果として、社会人になって、食べることが優先され、カロリー消費量がへり、少しづつ体重が増え、開業前には75kgとなっていた。


DSCN4672


75kg当時はまだ私も45歳前後なので、まだ走ろうと思えば、走れたし、テニスもできた。開業して10数年、産科医の生活がどっぷり身についてしまった。いつ呼ばれるかわからない、なので、暇なときにさっさと食べて、と。夜呼ばれて眠れない、なので仕方がなくて酒でも飲んで、ついついつまみに手が伸びて、と。走ることも段々おっくうになって、と。ということで、さらに10kg増えて85kgになった。

さすがにこれはいかんと、糖質ダイエットを始めて5kg減った。しかし、減ったことで安心したことと、糖質ダイエットの味気無さを感じて、最近は放棄した。なので、また2kg増えて82kgとなった。

60kgの体重で6km走るのと、82kg体重で6km走るのは、とうぜん20kgの負荷がかかっているわけであるから、そこに加齢の影響も加わり、同じように走れるはずもないから、ちんたら走るのは仕方がないと思っている。それでも、将来のフレイルの予防のためにも、ちんたらでもいいから、まずは走ろう、と思っている。

DSCN4669

産婦人科開業医を見回してみると、開業して太った人もいれば、体型の変わらない人もいる。中にはやせた人もいる。皆様諸事情があるので、痩せているからストイックとは言えないけれど、少なくとも太った人は、食べることが大好きであろうと思う。

さて、長々と書いたが、実はこれはイントロのつもりであった。当然この話の行きつく先は、妊婦様の体重コントロールの話である。グリーンヒルは体重制限が厳しい、とか、院長が大樹コントロールができていないと怒る、とかいう話を耳にする。

別に私は怒っているつもりはないけれど、そう取られると困るな、と。でも体重増加の話は、母子手帳にもきちんと記載があり、BMI25を境に適切な体重増加の記載がある。その話をきちんとしているだけのことであり、過度の体重増加はお産を難産にして、帝王切開の頻度を増やすだけですよ、と。そして体重増加が過度であれば、麻酔の操作が困難になる場合があるので、無痛分娩や帝王切開が不可となる場合があり、そのため高次医療施設に搬送となることがあります、というだけのことである。というごく当たり前のことを説明しているだけのことであるが・・・・。

ちょっとしばらくこうしたことで書き綴ろう。

写真は当院の白梅。咲き始めました。

私自身の課題として、私自身の荷重から解放され、医療(産科)に専念したいという思いがある。というか、そうでないとこれから先は診療が続けられないような気がする。そのためには、私自身の負荷をへらしたい、というように思っている。

DSCN4565

そのために、少し人材の募集が必要である。しかしその人材の募集のためには、ハローワークに行って、求人票を書いてというところから、まず始まる。が、その求人票を書くためにハローワークに行く人材が現在いない。ということで、このような事務的な仕事をこなす、私あるいはクリニック自体の事務的な仕事をこなす人材がまず必要である。いなければ、私がハローワークに行くしかないのであるが・・・


幸い、西村佳与子医師が2020年から当院での勤務時間を増やしていただけることになったので、火曜日と金曜日の午後に勤務していただく機会が増えている。基本はその空いた時間に、院長が様々な滞った事務仕事を片付けるとと同時に、院長の息抜きの時間でもあるけれど・・・。


次に、頭の痛い問題が、院内のPCの整備である。現在、PCの各種設定は、最初の設置時には業者にお願いしているが、以後は院内で基本的には対応している。ということは、その対応は私が行っているということである。できれば、ここから解放されたいな、と。ということで、PCが取り扱えて、できればレセプトまで見れるような人材が欲しいな、と。

DSCN4567

さらに言うなら、物流の管理と労務の管理できる人材も欲しいな、と。現在、私がちょびちょびと片手間にこなしているけれど、これはぜひとも必要である。

そして院内の看護部門、医療事務部門、調理部門、清掃部門なのでの補充と強化が必要であるとも思っている。これは私のというより、クリニック自体の体制の強化という意味合いであるけれど・・・

ということで皆様の中でそうした方面で、クリニックに貢献をと思われる方は、どうぞクリニックまで連絡をいただければありがたいことである。

これらの強化を図ることで、今後クリニックがより安定して、そして私自身も産科診療に専念することであといくばくか、元気に診療を続けられることが、私にとっても、クリニックにとっても、そしてクリニックにお越しになる皆様にとっても一番ではないか、と思っている。

DSCN4566

写真はクリニック2階の吹き抜けの日当たりのいい部分で、まだ咲いている日日草である。このまま2月も通して咲き続けてくれればいいな、と願っているが・・・。


↑このページのトップヘ