カテゴリ: クリニックのこと

クリニックの診療時間は、現在朝9時から12時30分受付まで、午後は14時から18時30分受付の患者さんが終了するまで、これが月・火・木・金曜日で、土曜日のみ15時から17時30までの受付のはずである。ということは、平日は午前4時間、午後5時間の変則勤務で、土曜日は午前4時間、午後3時間である。とはいえ土曜日には帝王切開があることがあるので、4-5時間の診療となる。


ちなみに、職員の勤務時間は、9時から18時が原則で、病棟は2交代制である。外来はこの時間では回らないので、早番遅番として、外来終了までに対応している。大体このスタイルがここ数年続いている。

診療する側の医師は、原則として院長の診療が中心で、土曜日の午後は青木医師あるいは西村佳与子医師が対応することが多いし、平日昼間に手術をしている場合には、その間の臨時として西村佳与子医師が担当することもある。

最近医療の世界にも働き方改革ということであちこちからさまざまな情報が伝わってくる。当然ながら、当院においてもその対応が必要であり、各分野へのそうした働きかけを少しづつ行っている。

さて、それでは私に関してその働き方改革を適応すると、どうなるか、と。先ほどの診療時間で計算して、土曜日の午後はかないとして、9x4+4=40時間となる。で、水曜日は休診日であるけれど、帝王切開もあるし、業者の方との面談もあるし、また夜間のお産や日曜に帝王切開もある。こうなると計算はよくわからない。

ということで59歳という年齢にしてはよく働いていると思う。そろそろ診療時間が重荷に感じることもある。特に午後の外来は5時間というのはこたえるな、と。

時に、18時以降、患者様のお越しもなくて、閑散としていると、18時までで外来はいいのでは、ともおもう。でも時には、18時以降に急に患者様が数名お越しになることもある。これは近隣で勤務している女性が何らかの形で診察をするとすれば、こうした形しかないかなとも思う。なので、私個人としてはそろそろ18時診療終了としたいけれど、やはりニーズがある以上、元気なうちは19時までは、と。

ただし、この形を続けるためには、院長の昼寝が必要であることはご理解いただきたい。なので、昼間の13時から14時までの休息時間は、できれば休息をとりたいな、と

IMG_0161

先日弐ノ弐の餃子を久しぶりに工場で購入して夜自宅で食べた。残念ながらお店で食べるようにパリッとは焼けなかった。でも十分に堪能した。

膝の調子が悪く、床に座ることはつらいので、上之裏通りの弐の弐にいくことはもうないかもしれない。


DSC_0007

これは開業当初の診療日と時間である。(2007年5月13日に玄関の表示を撮影したもの)

当時、水曜日は半ドンで、昼休みを2時間としていた。で、これで開業したのであるが、当然開業当初は来院される方も少なかった。当然まだスタッフも少なく、私と看護職6名、事務職2名、厨房2名、補助職2名でやりくりしていた。昼休みを2時間としたのは、小手術を昼休みに、帝王切開は水曜の午後にという目論見であった。

しばらくして、診療時間を延長した。来院される方の状況と当院の立地を考え(当院は熊本市の東のはずれにある)、月・火・木・金曜日の診療は午後8時までとした。仕事が終わってからおこしいただけるように、と。ただそうなると、スタッフの負担が増えるので、スタッフは午後7時まで勤務として、あとは院長が一人でこなすこととした。薬を処方して、会計をして、終業して、とやっていた。

また、朝には早起きして(これはいまも早起きであるけれど)、クリニック内を巡回して、外来のトイレ掃除をしていた。当時はまだ47-48歳のころでまだ体力的に余裕があった。

しかし次第に来院される患者様も増え、お産も多くなり、帝王切開の頻度も増えた。そうなると、この診療体制ではとても私の負担が大きいことに気がついた。なので、水曜日を1日休診として、午後の外来は19時までとした。その際に昼休みを1時間減らして、午後2時から午後7時までの外来とした。

以来その診療時間を守っている。診療時間には受付時間というのものがあるので、午前の診療の受付は12時30分まで、午後は18時30までとしたはずであるが、現実的には19時ぎりぎりに起こしなる方も時にいらっしゃる。それは仕事帰りであったり、子供さんを保育園に迎えに行ってそのあとにとか、あるいは、ご主人と仕事帰りに一緒に、ということであろうし、また遠方から薬のために、ということでお越しになるので、午後7時までの受付は大目に見ている。

IMG_0170

ただ、開業以来10年が過ぎ、当然私の年齢も10上がるわけで、そうなると少しづつ体力的には厳しいこともある。私(西村宏祐)は院長であり、産婦人科医師であり、そして法人グリーンヒルの理事長である。その結果として、産婦人科医師としての業務以外に、さまざまな仕事がある。

開業以来そうした医師以外の仕事もしていた。というか、そうせざるを得ない事情もある。なぜなら、建物建築設計に関することは私以外しらない。銀行とのお付き合いも私しか知らない。そしてあまり好ましくないが、九州厚生局とのお付き合い(個別指導)したことがあるのも私だけである。

最初のころは余裕もあったし、何でも知っておいて損はない、と考えワンマンアーミーのつもりですべてやろうとしたけれど、だんだん自分で自分の首を絞める自殺行為であると、ようやく理解して、私の種々の業務を各スタッフにお願いすることとした。

その結果、私の業務はへったはずであるけれど、相変わらず様々な業務が存在している。これらをすべて割り振ってしまえば、もう少し楽になるような気もする。でもそうなると、忘れてしまう。面倒でも自分でしているから覚えていられるが、面倒で手放してしまったら、たぶん忘れる。そうなると、かえって後悔するし、忘れてしまったら、別な意味で院長として継続できないような気がする。


なので、今の形態を続ける限りは、必要最低限は維持しながら、委譲可能なものだけ委譲をというのが無難なところであろうか。なので、そうした私の目的にかなう方と出会えたらいいな、と。

IMG_0169

写真は1枚目が開業当初の玄関の診療の表示、2枚目、3枚目は月曜日の午後に、芝刈り後の写真を撮りました。刈り上げすっきり。

春先までは、ニックのスタッフは充足度を満たし、このままいければいいな、と思っていた。しかし、何かが生じるのは世の常である。結婚、妊娠、出産、転居、介護、病気と何かが起こるし、本人とは別に家族に何らかの事態が生じ、その結果ということもある。私自身も最近テニス肘に悩まされているわけで・・・。

ということで、急遽スタッフの募集を行うこととなりました。看護職、事務職、厨房(栄養士/調理師)の募集を現在ハローワークをはじめ、有料の職業紹介所にもお願いしています。もし皆様の回りで、そうした関係で新規に働いてみたい、という方がいらっしゃれば、クリニックまで連絡をいただければありがたい事です。

ちなみに、クリニックの代表電話番号は096-360-5511 となります。よろしくお願い申し上げます。

DSC_0037

上の写真は、2009年当時のものです。なので、まだ玄関前にクリニック宣伝用の看板が立っています。たしか、この当時も看板にスタッフ募集と書いていたような気が・・・。スタッフ募集、これはクリニックの存続にとって永遠の課題かもしれない。いつになっても、やはり存在する。

これは各人の事情ということが当然あるけれど、クリニック自体がやはり一種の生き物なのかもしれない、とも思う。ウィメンズクリニック グリーンヒルは、九州厚生局の登記上は19床の産科の有床診療所である。しかし、クリニックをクリニックとして存続させるためには、そうした各種手手続きと(そういえば最近九州厚生局への定例報告を行った)建物自体とその内部の各種機器、そして運営に携わるスタッフが存在が必要である。そしてその各構成員が、常に一定して恒常的に存在を続けることはありえない。人でも、ものでも、メンテナンスは必要であるし、予想外の何かが生じることは常にある。

何かが生じることは誰にでもあるし、そして私にもある。今現在テニス肘に悩まされいるし、最近もう一つ懸案事項ができてしまった。どうも最近右足の調子が悪いのである。古傷(膝靭帯の損傷)もあるけれど・・・・。また私自身の年齢という問題もそろそろ考えなくてはならない。いましばらくは、診療を続けることは問題ないと思うけれど、できれば、診療以外の諸事雑事からは解放されないとちょっと辛い。

DSC_0039

こちらも2009年当時の国体通りからの写真。まだ、金網のフェンスはないし、ヤマボウシの根元にはサツキが植えられている。


患者様から要望をいただくこともあり、この秋にクリニック内にWiFI環境を整備しようと思っている。そのための調査を開始した。

DSCN3047


正直言うと、私自身は有線の人なので、WiFiはあまり縁がない。おまけに旅行することもないので、自分部屋でPCさえつながれば、何ら問題はない。スマホはもっているけれど、ちょっとだけ検索とメールだけ見れれば、十分なので、WiFiは不要である。とはいえ、時にスマホのソフトのアップデートとバックアップのためには、WiFi環境が必要で、そのため個人でこっそりと。

最近の傾向として、外来でお待ちの方々はスマホ画面を見ていることが多い、と言われた。確かに患者様を中待合で見かけると、スマホを眺めていらっしゃる方も多い。さて、そこで、遅まきながらそうした環境の整備に取り掛かることとした。

しかし、そこにまず存在するのが、院内の医療系のネットワークとの兼ね合いである。また外来でお越しになる方々ということは、個人の家庭内で行うWi-Fi環境とは異なり、セキュリティの問題も生じる。

モバイルのairがお手軽で良いな、と思っていた。工事不要だし、これを2か所でも取り付ければ十分かと。しかしそうなるとセキュリティの問題が生じそうである。

それでは、専用線をひいて院内にアンテナをたてるとなると、工事費用も必要になり、回線費用も必要になる。果たしてそこまでする必要性があるのか、と。しかしWiFiが当たり前となりつつある世の中で、Wi-Fiが使えなければ、となると・・・・。工事費用と年間の維持費を考えると、結構な額となる。なかなか難しい。

まだ調査を開始したような状態です。皆様の意見があれば、どうぞご意見をください。

ちなみに、調査を始めた結果、別な問題も浮上した。こちらの方が早急な対策が必要かもしれない。そしてこちらも頭の痛いお金のかかる問題でもある。困った。まずは、担当者に連絡することから始まるけれど・・・・。

DSCN3056

写真の日日草は、種がこぼれて自然に生えてきたものである。今年は日日草の苗は購入していない。日日草とかくと、草であるけれど、南国では低木であると聞く。いつか見てみたいものである。


クリニックの名称である、ウィメンズクリニック グリーンヒルは、開業前に私の考えた名称である。単に産婦人科とかクリニックとか嫌だな、と。またレディースクリニックという名前(和製英語と言われている)にも少し抵抗があった。

P10000222005-10-10


ちょうど名前を考えて、あちこち見学していたころ、福岡にとあるクリニックがあった。なのでその名前いいな、と思ってそれに倣ってこのような名前とさせていただいた。ちなみにそのクリックは、現在も福岡の中央区の小笹にある。探してみれば、なるほど似たような名前と納得いただけるかもしれない。残念ながら、そのクリニックのHPに名前の由来はなかったように思うが、そのクリニックも、その名称にかける何らかの思いがあったことと思う。

時間系列でいけば、土地探しのころに名称を考え、場所が決まり、名前もそれから決まったのでは、と思う。名前をグリーンヒルとしたけれど、これは日本語にすれば、緑ヶ丘産婦人科であるけれど、あえてカタガナのままとした。さらに日本国内の産婦人科の名前を検索して、似たような名前がないかを考え、かつ産婦人科あることを明確にするために、頭をウィメンズクリニックとして、そのあとにグリーンヒルとした。

実は、グリーンヒルという名前だけで検索すれば、ゴルフ場やら様々な企業がヒットする。しかし、ウィメンズクリニック グリーンヒルとすれば、たぶん当院がきちんとヒットすると思う。

DSC_0028


そういえば、開業前にグーグルの名前検索で少しでも上位に来るようにと、私なり考えたのが、ブログとHPを私なりに開設して、お互いがリンクするようにとせっせとブログを更新していた。これは大変であった。HP2つとブログ4つくらいの記事の更新である。さらに開業前には、確かミクシーもやっていた。クリニックの知名度を上げるために、私なりにできることをということである。

本業が次第に忙しくなったこと、SNSの活動の場が少しづつ変わったこと、などより、現在はHP1つ、ブログ1つ、あとはFBで個人とクリニックで一つ、が精いっぱいとなった。インスタは残念ながらクリニックのインスタは断念した。個人のインスタはま、なんとか維持している、という程度であろうか。

DSC_0020


さて、本文に戻る。名前も決まり、設計も始まった。名称をグリーンヒルとし、ロゴも決まった。で、設計の先生にお願いして、グリーンヒルというイメージをお願いした。その結果、周囲の植栽が考慮された。芝生の庭に傾斜が付けられ、様々植栽が行われた。

しかし、残念ながら熊本の気候とそして周辺の環境との問題が、開業後植栽を変更せざるを得なくなった。個人的には白い花と甘い匂いはすきであったが、あまりに青虫が大量発生するので、姫クチナシは撤去した。さつきも日当たりが悪く、枯れるものがあり、撤去した。姫クチナシの部分は現在芝生となり、ゴールデンベアが植えれている。さつきは白い丸石が敷き詰められている。

中庭も少しイメージと離れてしまったので、数年前に植栽を少し変えた。できれば四季折々の花が咲くように、と。そして昨年、散水用の施設を設置したことで、この中庭の植栽は格段に元気になった。ということは散水がっていてしていれば、最初の植栽でもよかったのかもしれない、とも思っている。

DSC_0011

写真は、1枚目が福岡のクリニック、2枚目が姫クチナシの白い花、3枚目が開院当時に中庭。
最後の写真は、福岡で乗っていた自転車。熊本に持ってきて、駐輪場に置いていたら、取られてなくなった。鍵をかけていなかった私が悪いのであるが、この界隈にはそうした人のいない田んぼと畑だけだからと思っていた。

↑このページのトップヘ