カテゴリ: クリニックのこと

人間ドックが終わって、クリニックに帰ると、避難訓練が待っていた。避難訓練は確か、年に2回くらい行わなければならないが、コロナでこの1年ご無沙汰であった。なのでこの水曜日にと企画していたが、私はそれをすっかり忘れていた。なので、え?と。

2021-02-17 16.04.14


でも、ま、避難訓練だからこんなものでしょう。出火は厨房から、ということでこの写真の時点では、報告後の避難をスタッフ間で検討している状態である。

この日は結構寒く、外に誘導するわけであるが、あまり風が冷たくて、玄関内に再集合とした。経過中、私は帝王切開術後の患者に扮したスタッフの移動のお手伝いをした。その姿がインスタに投稿された。

さて、これがすんだら、次はコロナ感染への熊本市からのWEB配信である。G-MIS、Y-SYS、そして耳慣れない新しい言葉としてK-SYSが出てきた。これはなんだ?

配信内容からすると、どうもコロナへのワクチンの対応は、一部の施設では始まっているが、それ以外の施設にはまだ詳細は決まっていない。いわゆる見切り発車のような面がある。いい例が締め切りが2月17日と言いながら、その締め切りの内容がしめされていない、とか・・・。

ということは実際の当院での医療従事者向けのコロナワクチンの接種が始まるのは、3月末に間に合うかどうか、のような・・・・


2021-02-17 11.40.54

そして肝心のKSYSであるが。どうもコロナワクチンの予約システムの熊本県仕様ということらしい。おまけにこのシステムの運用はJTBである、と。JTBで旅行を取り扱う施設と思っていたが・・・・

どうもJTBや近畿日本ツーリストなどが、旅行予約のシステムを利用したあらたなシステムを構築してそれを利用するらしい。熊本ではJTBであるが、関西では近畿日本ツーリストと聞いた。

またこのコロナワクチンに関しては様々な憶測があり、妊婦様の問題もある。接種は義務であるけれど、強制ではないとも聞いた。まだまだ情報量が不足している。

2021-02-17 11.40.47

写真は現時点での、二階の青バラである。こんなに寒いのに、大輪を開かせようとしている。果たして本当にきれいに咲くかどうかは、微妙であるけれど・・・

当院は土地を借りて建物が作られている(いわゆる定期借地法に基づいている)。当然その地主さんであれば、当院の経営状況は気になるところであろう。また周囲の農地の一部は、同じ地主さんの土地であり、そこで水田耕作を営んでいることもあり、1日に2回くらいこの界隈を犬を連れて散歩されている。そうやって回って、水田の状態を見て、当院の状態を見て、ということであろう。

さて、その地主さんから、最近駐車場に止まっている車が少ないと心配されてしまった。お産も減っているのでは、と。


DSCN1003

確かにその見立ては正しい。確かに今は駐車場に止まる車は少ない。また、昨年の分娩数は、その前年より10%くらい少なかった。さすが毎日見ていれば、と慧眼に恐れ入る。

しかし、お産の変動数は、毎年の変動数の範囲内と思っているし、外来受診総数はあまり変化がない(これは少し前に当院の2020年の統計で報告した通りである)。で、何が違うかというと、新しい生活スタイルに伴う変化である。

もともと、当院の外来は、あっさり系で、さっさときて、さっさと帰る、ということでお越しになる皆様のクリニックの滞在時間は短かった。しかし、あっさりしているからといって、内容が薄いわけではなくて(あっさりだけやおましまへん)、それなりのスタッフの分業で、工夫しての診療であるし、このスタイルを変えたわけではない。

変わったのは、お供の方々である。現在、待合室で待機いただくのは、原則として受診される方ご本人のみのとしている。どうしてもお子様を預けられない場合には、お子様同席も仕方ないけれど、基本はお一人でと。その結果、待合室はスカスカの状態である。そのため、次の患者様への連絡も早いし、お付き添いの方に時間を取られることもなく、スムーズに外来はまわる。

また入院の方のご家族は、出産当日はおひとり様まで立ち合いができるが、以後は面会はお断りをさせていただいている。また家族の宿泊もお断りさせていただいてる。そのため、付き添いの家族が不在となり、そのための車も減っている。

DSCN1005


こうした事情で、駐車場に止まる車は少なくなっている、と思う。また現在の分娩予約の状況からすれば、2021年の出産数も例年前後を維持すると思っている。

写真は少し整地された麦畑。こちらの畑の地主は当院の地主ではないけれど・・・

2月3日は、水曜日で、外来はない。しかし、お産と帝王切開で、部屋と分娩室を行ったり来たり。

DSC_0014

これは開院当初の分娩室の写真である。設計時に、帝王切開は手術室でという考えを、分娩台でしようと思い、このような部屋を二部屋用意した。

今分娩台は、LDR用のため、横幅も広い。しかし、あえてこの分娩台を選択した。当院は、開院当初は4つの待機室と2室の分娩室兼手術室のスタイルで介した。増築後は、6つの待機室と2室の分娩室となった。

一時期LDRシステムの運用を考慮したが、結果としてスタッフの動線を考慮し、現在の形とした。

この分娩台は、本来手術台ではないし、LDR用であり横幅が広い。なので、出術(帝王切開)時に患者様が中央にいないと、術者と助手が苦労する。(どちらかによると、術者から遠くて身を乗り出す形となる)


DSC_0015

こちらは2008年2月のものである。開院当初は、この天井から下がっているテレビはプラズマディスプレイであった。数年前に寿命で、現在は液晶テレビになった。通常は、このようにグレートバリアリーフの映像がDVDで流れている。出産後は、新生児処置室のインファントウォーマー上の赤ちゃんの画像に切り替わるので、産後のお母様は分娩台でその様子を見ることになる。

残念ながら、開院当初のカメラの解像度の問題で、そしてまだそのカメラが作動しているので、ちょっと色合いが悪く、やや青色が強調された画像となるのである。各種調整を試みたが、むずかしかったし、また開業当初からのシステムで、今触ると面倒が予想されるので、火中の栗を拾わないこととしている。

さて、この分娩室は、分娩、帝王切開、流産手術、母乳のマッサージ、点滴用の部屋、麻酔のための部屋(硬膜外穿刺)などの目的で利用している。

2月2日に昼間に帝王切開があり、同日23時にお産があった。それから2月3日1時に硬膜外穿刺で、3時にお産で、そして5時に再度硬膜外穿刺に利用した。さらに昼間にお産と帝王切開があって、夜には再度硬膜外穿刺に数回利用した。2月4日1時ごろ麻酔で呼ばれて、2時にお産があって、と。

ということで、2月2日から今日にかけて、2-3時間おきくらいに分娩室を利用した。今日は少しお疲れモードである。

職場でのクラスターを避けるために、換気の必要性があちこちで言われている。

日本産婦人科医会からもこのような映像が届いた。


医療安全部会より

院内の感染症対策の強化について、主に換気についての動画です。

動画:https://youtu.be/V2uhuNICCIk

演題:院内の感染症対策の強化について

演者:医療安全委員会委員、J-CIMELS理事(京都_ハシイ産婦人科院長) 橋井康二


室温19度、湿度40%、CO2濃度1000ppm以下を保つように、換気をすること。そして職場のクラスターを避けるために、その配慮をすることと。

厚労省からもこのような通達が出ている。
冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法 (mhlw.go.jp)



いうことで、さっそくCO2センサーをアマゾンで発注した。と同時に、当院には、24時間換気のシステムが設置されているので、この換気システムを常時作動させるように徹底した。実は、冬場はこの換気を作動させると、当然ながら外気が流れ込んでそこだけ寒いので、個人的には少し抵抗があった。しかし、今回の橋井先生の話でその必要性が十分に理解できたので、当院のシステムを十分に活用することにした。

次に職員休憩室も、十分な距離を保ち、昼食時の会話を禁止することにした。昼食時にマスクを外して会話して、感染が生じてクラスターとなる。なので、個食となり仕方がないけれど・・・・。当然ながら、CO2センサーが届けば、それを設置して、換気もさらに考慮してもらうことになる。

ただそうはいっても、授乳室、新生児室は、この温度では厳しい。授乳中の方が19度では寒いであろうし、また新生児の管理の観点からすれば、この温度では体重が減少したり、風邪をひいてしまうかもしれない。ということは、これらの部屋にまず感染を持ち込まないように、そして十分な換気をということになる。

ということで、従来の当院の換気システムを常時作動させ、CO2モニターでCO2濃度を観察し、必要であれば、HEPAフィルターのある空気清浄機を作動させることとした。早く届かないかな、と。


DSCN1022

このコロナ渦で、アマゾンは大繁盛と聞く。そのため宅配業者の方々も大変であろう、とも。でもその陰で、ステイホームが保たれるので、ありがたい限りである。

しかし、ここでふと思う。もともと私の生活はステイホームのようなものであった。不精で混雑のある場所に行くことは嫌だったし、週末は私の趣味の調理であり、余暇は園芸や自転車乗りやドライブ。ただ、友人の会食ができなくなったこと、そして各種講習会が中止となり、ズームほかで開催となり、逆に勉強の機会が増えた。

写真はようやく開きつつある椿。今日くらい咲くかなと思ったが、今日は天気が悪そうだからな・・・

当院の最大の宣伝は、やはり建物事態であると思っている。国体通りに沿いに3階建ての白と茶色とガラスの構造物ででーんと構えて、道行く人々の視線を集めたい、という基本戦略である。ただ、開業当初は、これが産婦人科?という感じで、なかなか産婦人科と理解していただけなかった。

結婚式場、ホテル、花や、パン屋などといわれたような気がする。きちんと看板も出している。産科婦人科ウィメンズクリニックと。でも、その看板やLEDよりも、建物の大きさに目が奪われて気が付かないのかな、と。なので、開院当初は、張り紙を出したり、雑誌に協賛広告を出したり、茶話会という催しものを行っていた。


DSC_0002

開業直前。緑の看板を立てていた。


DSC_0002

開院以来、そのままの立て看板

DSC_0025

開院当初の照明

上記3枚は開業当初のものである。その年の夏には、この看板は除去したような気がする。また、建物の横の壁にある照明は、数年前にLEDに変えた。しかし、入り口わきの立て看板はまだ開業当初のままである。そろそろ電球(蛍光灯のはず)がきれるかな、と思っているが。

その後少しずつクリニックの認知度が上がり、雑誌広告はやめた。茶話会もスタッフの負担が大きくなり、中止した。現在、さまざまな機会に、協賛広告その他の依頼をいただくが、基本的に広告である以上はお断りをしている。ただし、どこそこの高校の部活動の一環としてリーフレット作成のためであれば、ささやかな協力をしている。

当院の最大の広告は、この建物自体をできるだけ最初のスタイルを維持すること、そして診療内容をきちんとすること、であろうと思っている。

なので、建物の補修費は、数年ごとに大きな出費があるけれど、これは仕方がない。また私自身も60を超えたけれど、自分自身のために、研修の継続はボケ防止に必要であり、診療レベルを維持するためにも必要であろう、と思っている。

少子化、コロナによる経済活動の縮小、私自身の高齢化、と先行きは必ずしも明るくはない。でも、精いっぱい今を生きていきたいし、そして後々の後悔をするくらいなら(あの時こうしてよかった、と)、今できることを私のできる限りで、と思う限りである。


↑このページのトップヘ