カテゴリ: クリニックのこと

健康増進法が昨年改正され、2019年7月1日から、学校や児童福祉施設、病院・診療所、行政機関の庁舎などは敷地内禁煙となります、というお手紙が熊本市から届いた。ということは、当院もその対象であり、駐車場でのたばこも禁止となる。どうも電子タバコも対象に含まれるらしい。

DSCN2544

違反者には、指導、勧告、命令がおこなわれ、改善が見られない場合には罰則の対象となるらしい。また、その管理者も適切な措置を講じなければ、罰則にとわれる、とある。ということは特定屋外喫煙場所を設けないといけないのであろうか、とふと思うが・・・・。

DSCN2550

ということは、今後敷地内でシケモクを見つけることはないはずであるが、どうであろうか。今朝は3本見つけた。



10連休といっても、半分くらい診療していたし、その間にお産もあったし、帝王切開もあったし、18名くらい生まれたことになる。外来も延べ250名程度お越しになったので、連休明けは余裕と思っていた。

しかし、5月7日も9日も外来数は80名をこえて、終わったらふーっと。本当は5月8日は息抜きに遊びに行こうと思っていたが、この日もお産の方がいらっしゃったこともあり午後1時まで待機。ようやく午後2時に外出することができた。

DSCN2432

さて、今日こそは、と思っていたら、どうも帝王切開がありそうな雰囲気である。

それでは10連休後に忙しいのは、10連休の反動かな、と最初思っていたが、どうも違うような気がしてきた。10連休中の状態も、10連休後の状態も、なんのことはない、日々の診療の状態なのかな、と。

そう思えば、どってことないし、そのまま淡々と診療を続ければいいことである。大騒ぎする必要はない。ただ、外来の数が多ければ、あるいはお産や帝王切開がおおければ、その日一日は大変であるけれど、翌日には体調がきちんと保てるのであれば、自分自身のボケ防止にも役に立つし、と。

ものは考えようである。できれば産後でお悩みの方にもそうした発想の転換をお勧めしたいが、肉体的にも精神的にもきつい状態が続いている場合には、なかなかその心境に至ることも難しいかもしれない。ま、せめてグリーンヒルでうさでも晴らしていただければ、と願うばかりである。

DSCN2433

写真は数日前のクリニックの屋上から。私の部屋は東向きなので、朝東の空をみたら飛行機雲が3筋あり。下を見ると、牧草地がこのような形に。

10連休後の一つ変化があった。当院では現金会計なので、お釣り銭を用意している。で、昨日の外来で用意していた1000円札がすべてなくなり、追加した。外来で70枚の1000円札が支払いに使われた。初めての経験であった。

私は、朝起きて、クリニックの各種の仕事をして(会計、レセプト、書類他)、7時ごろナースステーションにおりて病棟の状態を確認する。私の部屋から院内電子カルテで状態を見ることは可能であるけれど、実際の状態は確認しないとわからないので。

それから受付に降りて、玄関から国体通りぞいにでて、院内をぐるっと回って、通用口から建物にもどる。駐車場に変なものが落ちていないか、そして現在は院内随所の花めぐりをする。

DSCN2361


で、バラや芍薬が咲き始めて、気づいたいことがある。これまでは、まだバラの咲き方もちょぼちょぼであった。しかし、少しづつ株が大きくなり、咲く花の数も増えてきた。つぼみや咲きかの分はいいけれど、散り始めるといくつかの問題が生じる。

DSCN2362


花びらが散る、病気のもととなる、というものである。なので、朝から散りかけたものを集め、路上に落ちた花びらを集めるという作業が、時間が結構かかることに気が付いた。

DSCN2357

どうしたら、この私の作業量をへらせるか、と。

で、結論は分けることである。ということで、院内のバラや芍薬をお気に召した方は、どうぞ自由にお持ち帰りください。ということにした。花切りハサミは受付に置いてあります。バラのとげに注意して、すきなだけ、お持ち帰りください。

DSCN2346



10連休、なかなか忙しいのである。5月になっても忙しい。

DSCN2344


5月1日 水曜日(当院は水曜日は本来休診日である)
外来15名とお産1例と帝王切開2例。

5月2日 木曜日(通常通りの診療)
外来67名とお産1例と帝王切開1例

5月3日 金曜日、祭日(憲法記念日)
当番医として診療した。また10連休なので妊婦健診も再診として行った。結果、47名がお越しになった。またお産も1例あった。

と、この3日間はなかなか充実した3日間であった。5月3日、夕方診療が終わると(当番医は17時までである)、天気はいい。で、悩んだけれど、ちょっと外出した。4月27日から5月3日まで、ほぼクリニック内で過ごしたので、気分転換に。

DSCN2342

ヤマボウシが咲き始めた。緑と白のコントラスト。そして熊本は暑く、夏場になるとヤマボウシは下手ってしまうこともあり、この時期の新緑の緑が一番である。

外出はオープンで車を流した。運転していると腹が減ったな、と。で、マックスバリューによって、野菜を購入(益城市場・ふるさと市場は今日はお休みかな、と)。白ワインの魅力にひかれて、そして十分働いたし、と言い訳をしながら。

さて、5月4日からは少しプライベートが楽しむ予定である。といっても、まずは園芸作業であるけれど・・・。

忙しくしてしまったもう一つの理由が、PCの移行である。半分くらいは片が付いたが、まだ思うようにはいかない。しかし、PC自体の動作は安定しているので、突然データが消える恐れはなくなった。これを機に、PCのデーターの整理にも少し手を付ける(こうしたこともやるから忙しくなる)

DSCN2384

切って、ゆでて、炒めて、混ぜて、と。


平成最後といっても、特に感傷があるわけではない。単に連休の隙間だから、患者さんが少なければいいな、と思っていた。


しかしその目論見は診療開始直後から大きく狂う。まず、1例目の妊婦健診の方の診察後に急きょ緊急搬送することとなり、その準備やら連絡やらで、外来が滞り始める。ようやく段取りがついたと思って、外来再開。しかし、婦人科の方のお話を聞くと、どうも産婦人科より内科の受診が望ましい、と判断される。さて、そこで問題となるのが、近隣の内科のどこが空いているのか、わからないということ。ちなみに、熊本赤十字病院にお訊ねすると、救急外来のみと。近隣の内科の住所を地図で示し、面倒ながら直接受診いただくようにお願いした。


ようやく再開。外来は9割がた妊婦さまである。そしてGWを利用して、遠方からの里帰り前の診察という方も数名。午前中の外来がようやく終わったのが1時過ぎ。ようやく一息とおもったら、次はお産。17時を過ぎると外来もぱたりと減り、19時には外来はきちんと終わった。67名の受診、1例の緊急搬送、1例の出産で、平成最後の日は終わった。


平成は終わって、今日から令和である。だからといって何が変わるわけではないが、面倒なのは、平成と書かれた書類の扱いかな、と。そして今日からレセプト業務も始まるし、そして、今日は令和にぜひとも生みたいというお方が2名いらっしゃる。やることが特に変わるわけではなくて、事務手続きがやや煩雑になったな、というのが正直なところである。

DSCN2327 (1280x961)

玄関わきの白梅に実がなっていた。昨日の雨で実が落ちていたので、いっそのこと、と実を収穫した。計30個である。さて、どうするか、と。

もう少ししたら李も収穫である。梅も杏も、焼酎漬けというわけにもいくまい(昨年は李は焼酎につけた)。今年は李ジャムにして、患者様に試食していただくというのも一興かもしれない。

↑このページのトップヘ